コピーライティングとは?

セールスとは、いわば”見込み客が苦労して稼いだお金を、こちらの案内する商品やサービスと交換してもらう”ことです。

 

あなたの言葉で、行動を起こさせることに他なりません。

 

つまり言葉の力、文書の力だけでどれだけ人を動かせるか?これがコピーライティングです。

 

 

一般に、コピーライティングといえば、キャッチコピーをイメージするでしょうか。
いわば興味を引き付ける言葉で、コピーライティングの一部です。

 

キャッチコピーはTVCMからイメージすることができます。

 

 

魅力的な番組は多くの視聴者を引き付けるために、その間で流せるCMというのは多くの人に自社の商品を知ってもらえるチャンスになるわけです。
(なので高額です。でもペイできているから流し続けるわけですね)

 

短い時間で、視聴者に印象付けるために一瞬の言葉の力に賭けているわけです。

 

一度は聞いたことのある名キャッチコピーといえば

 

 

スポンサードリンク

 

 

・そうだ、京都へいこう

 

・ん-まずい、もう一杯

 

・すぐおいしい、すごくおいしい

 

などでしょうか。
他にもいろいろありますが、頭から離れないこの言葉は購買意欲を持つきっかけとなります。

 

 

魅力的な言葉一つで、売り上げは変わるのです。

 

 

 

 

コピーライティングは誰にでも必要な能力

 

コピーライティングが必要なのは、顧客に直接働きかけるダイレクトマーケティング(通販がいい例ですね)をイメージするかもしれません。

 

でも、人を動かせる文書を書く能力はそれだけではありません。

 

・依頼ごとをする

 

・部下のやる気を引き出す

 

・朝礼であいさつする

 

・セミナーの広告を作る

 

・見込み客にメールを送る

 

・既存顧客に新商品の案内をする

 

人を動かせる言葉の力は、仕事をする以上切っても切り離せない力なのです。
特に、自分の言葉だけで勝負しなければならないFPも必ず身につけるべきといえます。

 

 

 

 

コピーライティングは無から言葉を生み出す行為ではない

 

よいコピーライターを見て、多くの人は何もない状態から言葉を生み出す天才と考えます。
そして、才能がない自分にはできないと。

 

そうではありません。

 

コピーライティングは誰でも書けるのです。
ただ、準備が必要なのです。

 

その準備とは、”蓄積”です。
様々な知識や経験は自分の脳に蓄積されます。

 

今この瞬間の判断は、まさに自分の知識や経験に基づいて行うわけです。
言葉を生み出す作業も同じです。

 

素材として頭に蓄積された情報が呼び出され、組み合わされて出来上がるわけです。

 

つまり、世の中に、”全く新しいものなどない”のです。
過去の様々な知識を取り出し、それを全く別物にまとめ上げるというだけの事なのです。

 

これは世の中にあるすべてのモノにも同じことが言えます。

 

 

今あるもののほとんどは昔から存在しています。
ただ、その様式や形式が最新だっていう違いがあるだけだと思いませんか。

 

 

したがって、知識や経験の量は多いに越したことはありません。

 

 

そしてそれを組み合わせて、関連づけて新しい組み合わせを作り出す経験値を積むほど、アイディアは豊富になり、少ない時間で言葉を生み出せるようになるわけです。

 

もう一度言うと、知識経験の量、そしてそれを自分がフォーカスする商品や問題に関連づける力があればあるほど、アイディアを生み出せるようになるのです。

 

 

ジャパネットたかたはなぜシニア層に絶大な人気があるのか。
それは、”機能”ではなく”使い方”を提案してくれるからです。

 

 

商品自体は最新型の商品ではありません。
でも、この機能をこうやって使うとこういうことができるんですよってことを言葉でちゃんと教えてくれるわけです。

 

それによって、今までは自分には無縁の機械の箱だったものが、自分の人生を明るくする魔法のツールに見えてきます。

 

 

機能そのものは他にもあるもの。

 

言葉だって、何かの商品をセールスする場合にも使っているもの。

 

でも組み合わせると、別のモノに見えてくる。

 

 

これがコピーライティングです。

 

 

毎日の行動一つ一つが自分の経験になります。
生きていればいろんなことがあります。

 

 

・めんどくさい

 

・苦手

 

・きらい

 

 

こうした理由でいつも避けていたことも、いつか役に立つかもしれないと思えばやってみる価値があると思えるでしょう。

 

 

いつか何かの素材になるかもしれないと思えれば、あらゆる機会は、チャンスに思えてきます。

 

 

別にコピーライターになるのではありません。
FPの仕事をビジネスとして成立させるためには、コピーライティングの力も必要だということなのです。

 

 

文書力を上げて人を動かせるようになるためのノウハウ全貌はこちらへ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク