証券分析,法人保険

産んだら育てる

 

コピーライティングは出産と同じです。
あなたの分身を生み出すようなものなのです。

 

苦労して生み出した文書は最初は石の塊のようなもの。
そこから磨きをかけていくことで、光り輝くダイヤモンドへと変わっていくわけです。

 

文書も編集をすることでただの文から、見込み客の心に届く宣伝メッセージへと変身するわけです。

 

つまり、編集は育児と同じと言えます。

スポンサードリンク

 

 

 

 

完璧な育児などない

 

 

よく文書が仕上がるまでアップしないということがありますが、これはやめてください。
どんどんアップして人の目にさらします。

 

アップするという緊張感が、あなたのレベルをどんどん引き上げてくれます。
これをしたら完璧というものがない以上、様々な方法で編集を行い、反応をみるということの繰り返しです。

 

場合によっては、生み出すのは簡単だったけど、そこからは何度も何度も編集することもあります。

 

また、なかなか生み出せなかったけど、生み出した瞬間にほぼ編集の必要のないものもあるでしょう。

 

繰り返す中で、確度やスピードは上がっていくことになります。

 

 

 

余分な言葉をそぎ落としても言いたいことが伝わる文書

 

編集の方法はさまざまです。
但し、基本はこれです。

 

言いたいことが伝わって、見込み客が行動を起こす。
これがほしい結果です。

 

その結果を得るために、必要な語数は最少である必要があります。
長さが必要といっても、無駄な繰り返しや無意味な解説は逆効果です。

 

最も少ない言葉で言いたいことを論理的に述べた結果、説得力を持たせるためには結果として長くなるのです。

 

言葉を少なくすることは、文書にテンポを与え、滑り落ちるスピードを速めます。
また、読みやすくなるうえに、言葉に力も与えます。

 

例えば、以下の例だとどちらが読みやすいですか?

 

 

・FPはマーケティングのことをもっと考えてビジネスをする必要があります。

 

・FPのマーケティング。
 これなくしてビジネスはできません。

 

 

 

印象に残りやすいのも下の書き方だと思います。

 

・不要な言葉を削る。

 

・文章を入れ替える。

 

・言葉の長短を意識して、文書全体にリズムを付ける

 

・まとめる

 

 

ほんの少しの編集で、文書のイメージが変わることも多々あります。

 

言いたいことを、最少で。

 

これを常に意識してコピーを育ててあげてください。

 

 

 

 

人に見てもらおう

 

 

客観性は重要です。
自分が生み出したコピーには愛着があるのは当然です。

 

 

また、自分で書いているので、使われている文字や文法の誤りには気づきにくいことがあります。

 

したがって、自分に客観性を持たせるには少し時間を空けてみるとよいでしょう。

 

 

少し時間をあけて何度も繰り返し読んで、編集をかけていきます。
そして完成を見た段階で、他の人に客観的に見てもらう事も重要です。

 

あきらかな文字や文法の間違いをチェックしてもらうとともに、客観的な感想ももらいます。

 

 

そして、それが見込み客に行動を起こしてもらうに必要だと納得できるなら、受け入れればいいわけです。

 

 

言われるがままに修正して角が取れた結果、反応が全く取れないコピーになるようなことはあってはなりません。

 

 

育て方を決めるのはあなたであり、他人の意見を聞きすぎる必要はないのです。

 

 

 

文書力を上げて人を動かせるようになるためのノウハウ全貌はこちらへ

 

 

 

 

 

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク