証券分析,法人保険

年金と税金とは?

年金と税金

 

年金と税金

 

老齢年金、老齢厚生年金など、老齢を支給事由とする公的年金は雑所得として総合課税されます。

 

年金の収入金額-公的年金等控除額で求められます。

 

※公的年金等控除額についてはこちらへ

 

 

あらかじめ「扶養親族等申告書」を提出しておけば、配偶者控除や扶養控除、基礎控除などの所得控除を折り込んで源泉徴収されるので、控除される税金が少なくて済みます。

 

 

扶養親族等申告書を提出していない場合は、源泉徴収されますので、その後確定申告によって過不足額の精算を行います。

 

 

 

 

 

 

 

なお、遺族年金、障害年金は非課税です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

公的年金等の範囲

 

 

■公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)

 

■厚生年金基金

 

■適格退職年金

 

■確定拠出年金

 

■企業年金

 

 

個人年金に関する税金はこちらへ→個人年金と税金

 

生命保険料控除に関してはこちらへ→生命保険と税金

 

 

 

 

企業年金にかかる税金

 

 

厚生年金基金、確定拠出年金には税制上の優遇処置が設けることで、自助努力での準備を促す仕組みになっています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク