ローンとクレジットカードとは?

クレジットカード

 

 

クレジットカードは利用者の信用をもとに、カード会社の間に契約が結ばれて、商品の購入やサービス提供を受けることができるようになっています。

 

加盟店としても、カード会社からお金が払われるために、確実に支払いを受けることができます。(コストは加盟店が負担しますので、利用者に負担はありません)

 

一方、利用者もコストがかからずに後払いで買い物ができるために普及しています。

 

当然ながら、無理のない範囲で利用することが大切です。

 

 

デビットカード

 

 

現金の代わりにキャッシュカードで支払いをするサービスです。
利用代金は即座にキャッシュカードの預金口座から引き落としされます。

 

 

 

電子マネー

 

 

一定の金額データをカードに移し、暗証番号やサイン不要で決済処理できるもの。

 

 

 

 

 

 

 

クレジットカードは後払い
デビットカードは即座
電子マネーは前払い
 
です


スポンサードリンク

 

 

カード利用のその他注意点

 

 

アドオン方式:返済終了までの期間、貸付金額に利率を掛けて利息額を計算し、その利息と
       貸付金額を合わせた総額を割賦回数で均等分割して1回の返済額を決める金
       利計算方法のことをいいます。

 

 

一方、実質年利(年率)とは、元金に対して1年間に生じる利息割合のことです。

 

ここでいう元金とは、その時点の借金の残高であり、借金した最初の金額ではありません。

 

 

したがって、アドオン方式は、返済回数が進み元金が少なくなっても、最初の元金を基準に利息を計算している表記ですので、利率が低い割には実質年利(実質年率)に比べて利息が多くなります。

 

実質年率が返済ごとに減っていく元金ごとに利息を計算しているのに対し、アドオン方式は元金が減ることを前提とせずにあらかじめ利息を計算し、その借金総額を支払い回数で割っているからです。

 

 

 

 

 

 

現在は、実質年率での表記が義務付けられています。


 

 

 

 

リボルビング払い

 

 

一定の利用限度を設定し、その範囲内で毎月一定額づつ継続的に支払う方法です。
元本返済のスピードが上がらないため、利息が多くなる点に注意が必要です。

 

また、残高がある限り支払いは続きます。

 

スポンサードリンク

 

※CMでおなじみ。完全無料の家計簿はこちら。
 ↓
資産管理、家計簿ツールの決定版!マネーフォワード

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク