証券分析,法人保険

中小企業の資金調達とは?

 

直接金融と間接金融

 

 

株式や社債を発行して投資家から直接資金調達する方法を直接金融と言います。
金融機関を通じて資金調達する方法を間接金融と言います。

 

その他、抵当証券ローンやリース、ファクタリング(売掛金等をファクタリング会社に買い取ってもらう)、ベンチャーキャピタルなどもあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

民間金融機関

 

 

主に中小企業を対象とした資金調達先金融機関は以下の通りです。

 

 

 

信用金庫

主に地域内に事業所や住所を有する中小企業や勤労者を会員として預金や貸付業務を行う

信用組合

組合員に対する預金、貸付、手形割引業務などを行う

労働金庫

 

労働団体や勤労者を対象とした協同組合組織の金融機関。
会員やその構成員に対する預金、貸付、手形割引業務などを行う

 

 

 

 

 

公的金融機関

 

 

中小企業への公的融資を行う金融機関です。

 

 

日本政策金融公庫

 

国民生活事業

 

 

 

旧国民生活金融公庫。
小規模企業向け小口融資を行う

 

 

日本政策金融公庫

 

中小企業事業

 

 

 

旧中小企業金融公庫。
中小企業向けの長期事業資金の融資を行う。

 

 

 

 

 

 

 

金融機関からの借り入れは最も簡単でスピーディなため、ポピュラーな手段といえます。


 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク