平成29年確定申告

自動車保険とは?

自動車保険

 

自動車保険

 

スポンサードリンク

 

 

自動車保険には、自賠責保険と任意の自動車保険があります。

 

自賠責保険は、原則すべての車が強制加入しなければなりません。
但し、保障対象は対人賠償事故に限られます。

 

 

 

自賠責の被保険者は、車の保有者と運転者です。

 
加害車両1台につき、被害者1人あたりの保険金額は
 
■死亡
 
3000万円
 
 
■後遺障害
 
3,000万円〜75万円(障害の程度による)
※常時介護を要する場合は4,000万
 
 
■傷害
 

120万円
 
 
※1事故ではなく、1被害者当たりの数字です。
 

 

 

任意の自動車保険

 

 

対人賠償保険

自動車事故で他人を死傷させ、自賠責保険の支払額を超える部分に対して保険金が支払われる

自損事故保険

自損事故で、自動車の保有者、運転者、搭乗者が死傷した時に、自賠責保険で補償されない場合に保険金が支払われる保険

無保険者傷害保険

対人賠償保険がついてない自動車等との事故で、被保険者が死亡死亡した時などに保険金が支払われる保険

対物賠償保険

自動車事故で他人のモノを壊して法律上の損が賠償責任を負った場合、その損害に対して保険金が支払われる保険

搭乗者傷害保険

自動車に乗車中の人が事故によって死傷した場合に補償される保険

車両保険

衝突、接触、転覆、モノの落下や火災、爆発、盗難、台風、洪水等偶然の事故によって被保険者の自動車が損害を受けた場合に保障される保険

人身傷害補償保険

自動車事故により死亡したり後遺障害等を被った場合などに、過失割合にかかわらず保障される保険

 

 

これらを組み合わせた様々な商品が販売されています。

 

また、契約者の年齢、車種、使用目的、走行距離などに応じて保険料を設定するリスク細分型自動車保険や補償サービス内容の厚い、保障拡大型自動車保険等も販売されています。

 

 

法人保険メール講座『10倍売る人の話法構築術』こちら
売れる人が持っている引出しと訊き方を明らかにしていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク