証券分析,法人保険

傷害保険・所得補償保険とは?

傷害保険

 

傷害保険

 

傷害保険は、「急激・偶然・外来の事故」によりケガをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われる保険です。

 

 

急激とは

 
突発的に発生した事故から傷害を受けるまでに時間的な感覚がないことといいます。
 
 

偶然とは

 
事故や傷害が予想できなかったことを言います。
 
 

外来とは

 
傷害の原因が身体の外からの作用によるものをいいます。

 

 

 

傷害保険は、以下のとおり「財物」を対象としている火災保険や自動車保険(車両保険)などとは異なる特徴があります。

 

 

 

1.保険価額(時価)という概念が存在しないこと

 

傷害保険の対象は「人の身体」であり、人の価値は金銭に見積もることはできません。

 

つまり、保険金額を決めるうえでの客観的な基準(保険価額の考え方)がないということになります。

 

 

 

2.保険金が定額払いであること

 
火災保険や自動車保険は、事故によって生じた実際の損害額をもとに算出された保険金が保険金額を限度に支払われることになります。

 

これに対して、傷害保険は契約時に定めた保険金額が保険金として支払われます=定額払い

 

このため、他保険からの支払いとは関係なく保険金が支払われます。

 

 

 

普通傷害保険

■被保険者が国内外問わず、急激かつ偶然な外来事故により傷害を被った場合に補償する保険

家族傷害保険

 

■1契約で家族を被保険者として補償が受けられます。
※家族:本人、配偶者、生計を一にする同居親族、別居の未婚の子

 

■特約で補償範囲を夫婦限定も可能

 

海外旅行傷害保険

 

■海外旅行のために、家を出てから帰宅するまでの間に被った傷害等に対して保険金が支払われる。

 

■けがにより医師の治療を受けた場合、保険金額を限度に実費が支払われるのが一般的です。

 

国内旅行傷害保険

■国内旅行のために家を出てから帰るまでの間に被った傷害等に対して保険金が支払われます。

 

 

 

 

傷害保険は、国内外を問わず、急激かつ偶然な外来事故での傷害が対象です


 

 

スポンサードリンク

 

 

所得補償保険

 

所得補償保険

 

 

 

所得補償保険

被保険者が傷害、疾病により就業不能になった場合に、被保険者が喪失した所得を補償する保険

医療費用保険

 

病気やけがで入院した場合、公的保険で支払われない部分に対して、その実額が保険金として支払われます。
入院諸費用保険金、高度先進医療費用保険金など

 

介護費用保険

被保険者がねたきりや認知症により介護が必要となり、継続して介護が必要な期間が一定期間を超えた場合に保険気が支払われます。

 

 

 

 

 

賠償責任保険

 

偶然な事故により他人の生命は身体を害し、または他人のモノを損壊したことについて、法律上の賠償責任を負うことで被る損害を補償するものです。

 

 

 

個人賠償責任保険

 

個人の日常生活において生じた偶然の事故等により、他人を死傷させたり、他人のモノに損害を与え、法律上の損害賠償責任を負うことによって被った損害を補償する保険。
 
業務遂行上の損害賠償、自動車による損賠賠償、預かっているものに対する損賠賠償はこの保険では対象外。

 

施設所有者(管理者)賠償責任保険

ビル、商店、事務所、デパート、劇場等、様々な施設の所有者が、その所有、使用、管理する施設の構造上の欠陥、管理不備に起因する損害賠償及び施設にかかわる生産、販売、サービス等の業務遂行に起因する損賠賠償を補償する保険。

請負業者賠償責任保険

建設、土木等業者の請負業務に起因する損賠賠償、請負業務遂行のために所有、使用、管理する施設の欠陥、管理不備に起因する損賠賠償を補償する保険。

生産物賠償責任保険

各種商品の製造販売業者が、製造、販売した財物が、それらの業者の占有を離れた後に発生した事故に起因する損賠賠償などを補償する保険。

店舗賠償責任保険

飲食店、小売店等が店舗の所有、使用管理に起因する損賠賠償を補償する保険。

 

 

 

 

その他、法人向け損害保険商品としては

 
■機械保険(火災以外の偶然な事故による損害を対象)
■動産総合保険
■利益保険、企業費用・利益総合保険(災害による活動停止などによる損失補償)
■労働災害総合保険(政府労災の上乗せ)
 
などがあります。

 

 

積立型損害保険

 

傷害保険は基本掛け捨てです。
しかし、保険期間が長期化して、満期返戻金のある損害保険として積立傷害保険があります。

 

 

 

 

 

 

補償と貯蓄を兼ね備えた商品では、
 
積立普通傷害保険
年金払積立傷害保険
 
などがあります。


 

 

法人保険メール講座『10倍売る人の話法構築術』こちら
売れる人が持っている引出しと訊き方を明らかにしていきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク