証券分析,法人保険

譲渡所得とは?

譲渡所得

 

譲渡所得

 

資産の譲渡による所得。
営利目的の継続的な資産譲渡は譲渡所得ではなく、事業所得になります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

①土地、建物、株式等

 

 

分離課税で他の所得とは分けて税金計算します。

 

 

②土地建物、株式等以外

 

 

総合所得になります。

 

→総収入金額から、取得費と譲渡費用を差し引き、さらに最高50万の特別控除を引いたものが課税対象となります。

 

取得費とは購入代金など、譲渡費用は売却にかかる費用で仲介手数料や運搬費。

 
なお、建物の取得費は、所有期間中の減価償却費相当額を差し引いて計算します。
 
概算取得費
 
また、土地や建物の取得費が分からなかったり、実際の取得費が譲渡価額の5%よりも少ないときは、譲渡価額の5%を取得費(概算取得費)とすることができます。

 
 
 

③短期と長期の区分

 

 

土地建物、および総合課税されるもののうち、保有期間5年以下を短期譲渡所得、5年超を長期譲渡所得と区分します。

 

 

 

 

 

 

土地建物とそれ以外では、所有期間の考え方が違う点には注意です。
 
土地建物は、譲渡した日までではなく、譲渡した年の1月1日時点での所有期間を見ます。


 

 

 

④特別控除を差し引く順番

 

 

50万の控除については、長期と短期がある場合、まず短期から控除し、残りを長期
から控除します。

 

なお、総合課税される長期譲渡所得はその1/2が他の所得と合算される点に注意ください。

 

短期譲渡所得は全額が合算です。
したがって、50万の控除を短期から引いて、長期が残った場合は、その半分が合算されることになります。

不動産賃貸業に興味がある方

 

20万人が読んだ不動産投資教材です。(完全無料)

 

http://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

 

不動産投資を学ぶなら、これ一冊で十分です。
詳しくはhttp://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク

 

譲渡所得とは?長期・短期譲渡所得、概算取得費、特別控除を解説 合わせて読みたい

所得税の基本とは?超過累進、復興特別所得税、非課税所得を解説
所得税の計算とは?総合課税、分離課税、所得の種類を解説
利子所得とは?預貯金利子、公社債投資信託分配金、源泉分離を解説
配当所得とは?少額配当、負債利子、配当控除を解説
不動産所得とは?5棟10室、専従者給与、青色控除を解説
事業所得とは?相当の対価を継続的、家事関連費を解説
給与所得とは?年末調整、給与所得控除、特定支出、源泉徴収を解説
退職所得とは?退職所得控除、1/2分離課税を解説
山林所得・雑所得とは?五分五乗方式、公的年金等控除を解説
一時所得とは?競馬払い戻し金、保険に関する一時金を解説
損益通算とは?通常生活に必要ない資産、土地負債利子を解説
純損失・雑損失の繰越控除、純損失の繰り戻し還付を解説
14の所得控除とは?
税額控除とは?
申告と納付 青色申告、予定納税、サラリーマンの確定申告を解説
青色申告のメリットはこれ
予定納税の仕組み
医療費がかかった年は必ずやろう
確定拠出年金VS国民年金基金
サラリーマンの節税を考える
住民税の仕組み 前年所得課税、利子割、所得割、均等割を解説