証券分析,法人保険

住宅取得資金の贈与の特例

住宅取得資金の贈与の特例

 

住宅取得資金の贈与の特例

 

贈与者の条件:直系尊属。祖父母でも問題ありません。

 

受贈者の条件:贈与を受けた年の1月1日時点で20歳以上
       贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万以下

 

非課税限度額(平成26年度):省エネ耐震住宅:1,000万
              それ以外 500万

 

相続時精算課税制度や暦年贈与と併用が可能です。
仮に相続時精算課税制度と併用した場合、3,500万円までが非課税になります。

 

また、相続開始前3年以内贈与のもち戻し対象外です。

 

 

 

 

 

 

重要です!
 
3年以内の贈与で持ち戻すものと持ち戻さないものを整理しておきましょう。


 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク