証券分析,法人保険

教育資金の一括贈与とは?

教育資金の一括贈与の非課税制度

 

教育資金の一括贈与とは?教育信託,受贈者30歳時点の対応を解説

 

直系尊属から一括贈与を受ける教育資金について、金融機関での所定の手続きを得ることで、受贈者1人あたり1,500万まで非課税となる制度です。

 

受贈者が30歳になった時点で残高がある場合、その年に贈与税が課税されることになります。
→相続時精算課税制度の選択も可能です

スポンサードリンク

 

 

教育資金とは

 

学校のほか保育園、外国の教育施設など「教育」に「直接」支払われる資金のことです。

 

・塾や稽古事など付随支出は500万までなら認められます。
 また留学費用も生活費など一部を除き対象となります。

 

 

 

 

 

 

信託等ということでまだ商品は限らていますが、大型の贈与が可能であるために今後の商品開発には注目です。


 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク