証券分析,法人保険

最強の経営資源 顧客リスト

ビジネスにおいて、新規顧客は重要です。

 

しかし、これはビジネス立上げ当初に限りです。

 

いつまでも新規顧客を追い続けるモデルは持ちません。
なぜならば、コストがかかるからです。

 

 

したがって、同じ顧客から何度も買ってもらえる、出向いてもらえる仕組みが必要となります。

 

それはどのようにすれば解決できるのか?

 

 

その答えが、”顧客リスト”です。
これさえあれば、ビジネスは成立します。

 

 

他のモノがすべてなくなったとしても、顧客リストさえあればいくらでも再起可能です。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

世の中を見渡してみると

 

 

普段行くお店で、会員登録するために個人情報を入力した経験は誰にでもあると思います。
もしくは、メールアドレスを登録すれば、割引してもらえるなど。

 

 

なぜこんなサービスをしてくれるのか?

 

この理由を考えたことがありますか?

 

 

その答えが、まさに顧客リストがほしいからなのです。

 

 

顧客リストがあれば

 

 

・新商品を一斉告知できる

 

・限定セールを一斉告知できる

 

・誕生日などの記念日に特別な待遇をすることができる

 

 

 

つまり、売りたいときに売ることができる。
しかもローコストで。

 

 

コストをかけずに、売上をコントロールできるようになるということです。

 

新規の来店客が0でも売り上げが伸び続ける店。
こんな店が理想の状態ではありませんか?

 

 

顧客リストを持ち、増やし続けることができればそれは可能になります。

 

 

 

 

リストの構築を意識しないと

 

 

常に新規顧客を求めることになります。

 

広告を打つにしても、広告代理店の言われるがままに出して結果が得られない。
つまり、ムダ金を払い続けます。

 

 

広告は、集客責任がありません。
よく聞く間違いは、あそこの媒体は悪いとかなんとか。

 

 

集客責任は自分にあります。
指定された広告を決められた日に出すこと。

 

マシなところなら、きれいに見せるアドバイスはくれるかもしれません。
業者の責任はそこまでなんです。

 

 

それをわからずに、広告費を無駄打ちし、そして集客は難しいと決めつけてやめてしまう企業が何と多いことか。

 

一刻も早く、気づくべきなのです。

 

 

 

 

やるべきは、顧客リストの構築と、リピートされる仕組みを構築すること

 

 

 

必要な情報が企業によって異なります。

 

・名前

 

・メールアドレス

 

・住所

 

・生年月日

 

・誕生日

 

・家族構成

 

・勤め先

 

など

 

 

 

数が多いとハードルが上がります。
目的は、リピートの仕組みを築くことです。

 

 

目的達成に必要な情報の取得を目指します。

 

 

そして、どうしたらその情報を提供してもらえるかに頭を使います。
これは別のところで書きますが、

 

 

相手の欲しがる十分なベネフィットを提供する

 

これしかありません。
個人情報を提供してまで欲しがるベネフィットを先に提供する以外に道はありません。

 

 

したがって、相手がほしがるベネフィットを考えることがリスト構築の第一条件となるわけです。

 

 

そのうえで半自動的にリスト取りをできる媒体を構築する事ができれば、第一ステップ、集客をクリアすることになります。

 

相手に与えるベネフィットもなく、継続的に集客などできるわけがないのです。
これを念頭においてください。

 

オリジナルビジネスモデルを考えるならまずこれは知っておきましょう。

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク