不動産 はじめに

日本で財産といえば不動産でしょう。
資産家だけでなく、サラリーマンでも収益物件への投資を行っていることも多いです。

 

不動産はFPの活躍できる領域が広い分野です。
不動産の知識があるかないかはFPとしての業務の幅につながります。

 

特に不動産取引のルールや不動産と税金との関係は、FPとしてしっかり押さえておかなくてはいけません。

 

顧客ニーズをしっかり把握した上で、各専門家へのタスクを振れるように知識をインプットしていきましょう。

 

賃貸であれ購入であれ、不動産に接したことは誰でもあるはずです。
そういう意味では、取引に関することは比較的とっつきやすいでしょう。

 

不動産は住まいに関することだけに、その取引のルールには一定の決まりごとがあります。
家を買ったり借りたときの契約行為は、すべてこのルールに基づいて行われています。

 

学ぶことで、今まで興味もなかった契約書の細かい内容に少しは興味を持つきっかけになるかもしれません。

 

 

しかし建築基準法など関連法規は、不動産業界の方で宅建を持っている方以外はとっつきにくい分野です。
少し割り切って覚えてしまう必要があります。

 

私も宅建を取得した時は、かなり苦労した覚えがあります。
できる限りイメージで理解できるようにしてありますのでよく読み込んでみてください。

 

 

また、税制にも多くの優遇処置があります。

 

 

不動産を動かすと一般的には大きな金額の取引になるので、そこには税金が付きまといます。
できるだけ有利に不動産を動かす為には、こうした優遇処置を熟知している必要があります。

 

 

不動産の有効活用を学ぶと、世の中のお金持ちの人が何をしているかが少し見えてきます。

 

相続税の評価対策と収益化を目的にした様々な活用法を知ると、普段何気なく見ているマンションなどが違った風に見えてくるでしょう。

 

学んだことからいろいろなことを想像していくと、今まで見えなかったものが見えてくるものです。

 

難しい知識も、このように考えてインプットしていけば生きた知識になるはずです。

 

目に見える不動産の、目に見えない部分をできるだけわかりやすく解説しています。
しっかりと読み込んで学んでいきましょう。

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク

 

不動産 はじめに 合わせて読みたい

FP2級過去問倉庫