スポンサードリンク

情報仲介ビジネスを考える

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

マーケティングの手法として、さまざまなものがあるが、最もレバレッジのきくのがこの、“提携”、ジョイントベンチャーです。それは、今の自分にないもの、弱いものを、その経営資源を持っている相手の力を借りて補うことで売上を立てていくことだからです。今の自分の実力以上の結果が期待できるわけです。したがって、弱いものどおしが組む提携に意味はありません。おそらく何も生まれません。0 × 10 × 100いくらあ...

ネットの世界で考えてみましょう。ヤフーやグーグルのモデルは何か?様々なコンテンツで人が集まる場を作る。そして、その人に商品を買ってもらいたい企業から広告費を課金する。要は、商品を検討してる見込み客という”情報”を収益に変えているわけです。その情報を必要とする会社あれば成り立ちます。これはリアルの場でも数多くあります。・不動産仲介・転職仲介・結婚仲介・保険のリーズ販売ニーズがある人を掘り起し、解決で...

情報仲介は、企業と企業をくっつける形でもいいです。要は、企業と企業をくっつけることでビジネスを考えるということです。自分はそのアレンジャーのポジションをとることで収益にしていくことを考えます。継続反復性と高単価企業との取引の最大の魅力は、仕組化すれば拡張性が高いこと、1件当たりの単価が高いことがあります。例えば、相続を課題とする顧客を抱える会社と、建築〜税金までを一貫してサービス提供できる会社のマ...

自分が営業をする上でも、ビジネスを考える上でも”ハブ”という考え方は重要です。言い換えれば、”キーマン”ということになります。よく営業現場でも聞く言葉です。一人一人当たっていくよりは、その人たちに影響力を持つ一人にアプローチしたほうが当然効果は高くなります。FPとしてビジネスを展開していくうえでも重要なことですが、、、、

ジョイントベンチャーは、自分にない力を借りて売上を上げる方法論です。・アイディア・企画・人・金・モノあなたにアイディアさえあれば、ジョイントベンチャーを行うことができるのです。よくお金がないから人がいないから売るものがないからとやれない理由を並びたてる人がいます。それでは無理なのです。金がなければ持っている人を巻き込む人がいなければ、いる会社を書き込む売るモノがないなら持っている人を巻き込む全部外...

ビジネスを安定したものにするうえで、企業はぜひとも組みたい相手です。ここではFPが企業開拓をする上での基本や注意点を確認していきます。まず企業の特徴を押さえておきます。・基本的にサラリーマンである・意思決定の階層、順序が企業によって違う・リスク先行はNG・社員教育になることを好む・効果があるものについては大きな投資が可能

いざ、企業と組むことを考えたときにいきなり大企業に行ってはいけません。それは大きな実績を作ってからでも遅くはありません。最初にやるべきは、実績を積み上げていくことです。大企業は意思決定に時間がかかります。時間がかかった挙句、担当が変わってまた0から。そんなリスクは負えません。時間がかかっても大きな成果を狙いに行くという発想は捨て、最短で結果をだせるところを狙うという発想が必要です。従業員の数の少な...

自分の顧客リストは、唯一無二の経営資産です。したがって、リストを育て続けることがビジネスの成長につながります。いつもあなたからの情報を楽しみにしている顧客。ここに対してかける集客、オファーほど反応の高いものはないでしょう。

住宅はFPと関連が深い分野です。うまく提携できると見込み客が絶えない状況を作ることが出きますので、積極的に攻めるべき相手です。その方法を考えていきます。

会計事務所はFPにとって魅力的なリストホルダーです。しかしなんとなく敷居も高く、特に税務に苦手意識を持っているとドアをノックしづらい相手かもしれません。私は過去、さまざまな会計事務所の先生方にアタックをかけてきました。そして提携してきました。その手法を明らかにしていきたいと思います。