スポンサードリンク

国保・社保からのアプローチ

 

  • これが国民健康保険、国民年金料削減の方法【メルマガ会員専用記事】
  • 社会保険料削減の具体的方法【メルマガ会員専用記事】

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

日本は「国民皆保険制度」ですので、生活保護を受けている人などを除いて、原則的には次のいずれかの医療保険に加入することになっています。このうちで「健康保険」「健康保険組合」「共済 組合」は会社員(会社役員含む)や公務員等などが勤務先を通じて加入する医療保険になります。「後期高齢者医療」は75歳以上の方及び65歳から74歳までの一定の障害認定を受けた方が加入する医療保険になります。そして、それ以外の人...

以前から国民年金保険料の未納が社会問題になっていましたが、実は国民健康保険料の滞納も深刻な問題になっています。厚生労働省によると、平成25年度の国民健康保険料の世帯滞納率 は全国で18.1%、東京都では24.1%にもなっています。これって、10世帯いたら2世帯は滞納し ているってことです。財政難の市町村でどれだけ深刻化しているか分かるのではないでしょうか。では国民健康保険料を払わないとどうなるか?...

国民健康保険・年金保険料の負担は重い。。。。例えば、課税所得350万で、奥様と子供というケースで考えてみると、「川崎市」では年間約50万円かかります。さらにそれに、本人と奥さんの国民年金保険料(毎月15,250円)がありますので、36.6万円(年間18.3万円×2人分)がプラスされると、全体では年間合計86.6万円になります。実に、課税所得に占める社会保険料の割合は約25%!税金と同じくらい、無視...

社会保険料は上がり続ける現在(平成26年度)の社会保険料率は次のとおりです。このうち厚生年金保険料率は平成29年まで毎年0.354%ずつ上昇し、最終的には労使合計で18.3%になることが法律で決まっています。そう考えると、役員報酬はもちろん、従業員給与に対して、実に28%から30%近くのキャッシュが社会保険料として徴収されていることが分かります。

社会保険料額表はこちらからダウンロードできます。(お住いの都道府県を選んでください)※東京都平成27年度版の例社会保険料は、標準報酬月額ごとに金額が決まっています。上の表を見てください。一番左が等級、その右に標準報酬月額とそのレンジが出ています。例えば報酬月額が30万の人は、29万〜31万のレンジになりますから、標準報酬月額は30万ということが読み取れます。そしてそのまま、右を見ていくと、健康保険...