証券分析,法人保険

平成29年確定申告特集

2016年の確定申告期間は、2016年2月16日(木)~3月15日(水)です。
この期間内に確定申告書類を管轄の税務署へ提出することになっています。

 

個人事業の事業年度は1月1日~12月31日と定められているので、 2016年1月1日~12月31日の間の売上や経費を計算し、それをまとめたものを確定申告書類に記入します。

 

年度の途中で新規開業した方は、開業日から年末までの会計結果を記入することになります。
1年を振り返り、ビジネスを見直す良いタイミングです。

 

 

 

 
 
アクセスランキング

 

 

 

スポンサードリンク

 

個人事業主が忘れずにすべき4つのこと

 

小規模企業共済

 

経営セーフティ共済

 

青色申告のメリットはコレ

 

401kか国民年金基金か?

 

 

こちらも参考になります。
↓↓

 

 

 

その他人気のページ

 

配当控除など税額控除

 

各種金融商品の税金

 

不動産譲渡を行った方

 

生命保険と税金

 

個人年金と税金

 

 

 

税金で得する方法は??

 

 

経費を学ぶ

 

使えるお金を増やす方法

 

税金を知らずにビジネスはできない

 

サラリーマンの節税を考える

 

 

 

確定申告、経理の手間を徹底的に省くには?

 

個人事業主・中小企業なら、会計、決算業務はできるだけ楽にしたいものです。
かといって、正確さを損なうことはできません。

 

ビジネスが一定規模になるまでは税理士に頼むのも、、、というところです。

 

現在、無料で利用できる価値の高いソフトがいくつか存在します。
導入も簡単で非常に便利です。

 

中でもお勧めはこれ。

 

個人事業主・中小企業のための会計ソフト「freee(フリー)」
インストールの必要もないクラウドソフトですぐ利用可能!

 

まずは無料登録 

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSI1W+8D9CVM+2XTQ+601S3

 

 

 


 

 

 

不動産投資をゼロから学ぶ

 

20万人が読んだ不動産投資教材です。(完全無料)

 

http://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

 

不動産投資を学ぶなら、これ一冊で十分です。
詳しくはhttp://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

 

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク