スポンサードリンク

コピーライティング

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

セールスとは、いわば”見込み客が苦労して稼いだお金を、こちらの案内する商品やサービスと交換してもらう”ことです。あなたの言葉で、行動を起こさせることに他なりません。つまり言葉の力、文書の力だけでどれだけ人を動かせるか?これがコピーライティングです。一般に、コピーライティングといえば、キャッチコピーをイメージするでしょうか。いわば興味を引き付ける言葉で、コピーライティングの一部です。キャッチコピーは...

オリジナリティへのこだわりは危ないコピーライティングを書くうえで、重要なことがあります。それは無から生み出すなんてことを考えてはいけません。ということです。何もない状態からいくら考えても、でてくるものは知れています。とんでもない天才ならでてくるのかもしれませんが、私はそうではありません。したがって、パくるのが正解となります。但し、パくるとはそのままコピーしてマネをするということではありません。手を...

どんなにコピーが素晴らしくても、中身に魅力がなければ意味がありません。中身のないものは論外です。ところが、多くの場合、中身がいいにもかかわらず、その特徴だけを並び立てているコピーが多いのです。ベネフィットが全く伝わらないのです。だから説得力がない。"特徴はわかった。それで自分にどんなメリットがあるのか?"が明確になっていないので言葉として表現されてないのです。そうです。人を動かすには”説得力”が必...

コピーライティングを身につけていくうえで、常に頭に入れておくことがあります。それは、見込み客が@読まないA信じないB行動しないということです。ところが、書くほうは綺麗ないい文書さえかければ、@読んでくれるA信じてくれるB行動してくれると思っているのです。ここに埋められないギャップがあります。自分事に置き換えて考えてみましょう。

小説などを読んでいて夢中になり、気づいたら最後まで読みとおしてしまった。そんな経験は誰にでもあると思います。つまらない内容ならそんなことは起こりません。主人公に共感し、最後まで読まないと気が済まなくなってしまう。次々にページをめくらせ、読者の注意を引き続けたまま最後まで飽きさせない。読み終わった後は、大きな満足感と次への期待も醸成する。そんな文書がかけたら見込み客にも行動を促しやすくなります。そん...

今の世の中、モノであふれかえっています。新商品を出してヒットすれば、あっという間に模倣されて、より安いもの、便利なものに置き換わって普及していきます。価格比較、機能比較、口コミ。調べようと思えばなんでも自分で調べられる、そんな環境の中、自分の商品を売っていくためにはどうしたらよいでしょうか?

対面でモノを売る場合、一定の時間が必要です。時には数多くの面談回数を重ねる必要があります。これは、見込み客が商品を理解し、他の比較をし、自分にとって必要な商品であることに納得するまでには一定の時間と教育が必要だからです。もちろん、時間が短く済む場合もあります。・商品が圧倒的に魅力的で、見込み客自身が欲しいと強く考えている場合。・見込み客が商品の特徴を理解しており、さらに価格が他に比べて圧倒的に競争...

文書で人を動かす上で難しいのは、読み手の疑問にどう答えていくか?ということです。対面しているのであれば、都度質問してもらうことで先に進んでもらうことができます。しかし、文書であれば一度頭に?が付きだすとそれ以上先に進まなくなります。調べてくれることもあるでしょう。でも多くの場合、調べるのをやめてしまいます。もっとわかりやすいものを探しに行ってしまうわけです。これを防ぐ方法は、質問に先回りすることで...

手紙を書くかのごとく会わずに顧客を動かす以上、文書の力だけで見込み客の感情を動かさなければなりません。そのためには、明確に見込み客像をイメージし、その人に手紙を書くかのごとく文書を書いていきます。特定の人に感情をこめて手紙を書く時、文書の主語はどうしているか改めて考えてみてください。これは結婚式の花嫁から父母への手紙を想像すると良くイメージできます。○○な私に○○してくれました。○○でよくケンカを...

コピーライティングは出産と同じです。あなたの分身を生み出すようなものなのです。苦労して生み出した文書は最初は石の塊のようなもの。そこから磨きをかけていくことで、光り輝くダイヤモンドへと変わっていくわけです。文書も編集をすることでただの文から、見込み客の心に届く宣伝メッセージへと変身するわけです。つまり、編集は育児と同じと言えます。

人は予防にお金と手間をかけたがりません。いつかそうなるかもしれないけど、・今そうなるとは思えない・自分がそうなるとは思えない・お金を出すまでの価値を感じない

文書も読んでもらい、信じてももらえた。でも最後行動をしないという壁が来ます。どう行動していいかわからないと、結局は去って行ってしまうのです。したがって、・行動を促す・ベネフィットを訴求して”欲しい”という欲求を刺激する事が必要です。

様々な広告を意識してみると、”数字”をうまく使っていることに気づきます。・95.6%のお客様が効果を実感されています。・たった3か月で−○○kg・しじみ○○個分の・・・・・○○人が受講したセミナー数字を使わないコピーと使ったコピーでは明らかに人を引き付ける力が違います。例えば・集客の方法を教えます。・開始1年で867人を集めた集客法の秘密を教えます。後者にひきつけられるのは明らかです。数字には、人...