証券分析,法人保険

ライフプランニング はじめに

この分野はFPの基本分野とも言えます。

 

しかしながら、この分野だけでは深いライフプランニングをすることはできず、やはり他の関連知識と絡めて行うプランニングこそ、ライフプランニングと言えるでしょう。

 

そんな中でも重要なのは、社会保険、特に年金と言えます。

 

年金は誰にでも必ずやってくる老後を支える重要な基盤です。
しかし、そのややこしさからちゃんと理解できている人はほとんどいません。

 

自分が将来幾ら年金をもらえるか?
ちゃんと答えられる人は稀でしょう。

 

ねんきん定期便を見ている人はどのくらいいるでしょうか?

 

そうした情報に基づいたプランニングこそFPから話を聞く価値になります。

 

また、ライフプランニングを実践できると様々なチャンスがやってきます。

 

家を買えるのかどうか?
住宅ローンを払いきれるのか?
借り換えをしたら効果が出るのか?
教育費は足りるのか?
老後まで資金が足りるのか?

 

何かを販売するとき、お金がネックで決まらないことは多々あります。
FPのサービスはこれを解決できます。

 

中立の立場のFPのアドバイスによってお金の不安が解消されれば、ほかの人にはできないクロージングになるわけです。
つまり、他の企業の販売支援にもなるということです。

 

 

このように、他の分野と絡めたライフプランに関するコンサルティングはFPの専売特許とも言える武器になるわけです。

 

 

また、保険を扱うのであればこの分野は深い理解が必要です。
公的な保障をベースに、カバーできない部分を自助努力で補うことで合理的な保険設計ができます。

 

深い理解なく差別化は計れないでしょう。

 

日本の年金財政を考えれば、これから年金制度はまだまだ変わっていきます。
それを踏まえたさまざまな資金計画は、個人が一人でできるようなものではありません。

 

まさにFPのメイン業務は、市場から求められているといえます。

 

年金は特にややこしい制度ですが、ひも解いていくと理解できます。

 

複雑な制度をできる限りひも解いて解説しています。
熟読すれば今までわからなかったことが理解できるはずです。

 

頑張って読み込んでいきましょう。

スポンサードリンク

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク

 

ライフプランニング はじめに 合わせて読みたい

FP2級過去問倉庫