基礎指標とは?

景気動向指数

 

 

総合的な景気局面の判断・予測を行うために、複数の指標を組み合わせて算出した指数のことです。

 

※内閣府が速報値と改定値を作成し、毎月公表       

 

 

算出に当たっては、29項目の基礎指標が使われています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

基礎指標とは

 

 

景気全体の動きを捉えるために、毎日の暮らしのようすを統計にとったデータのことです。

 

景気の動きに対して「いつ」反応するかという視点から、

 

 

先行系列

 

景気の動きに先行して反応を示す。数か月先の景気の動きを示します。
 東証株価指数や消費者態度指数、新規求人数など12項目

 

 

 

一致系列

 

景気の動きに合わせて反応を示す。景気の現状を示します。
有効求人倍率など11項目

 

 

 

遅行系列

 

景気の動きの遅れて反応を示す。
 半年〜1年遅れで反応。

 

家計消費支出や完全失業率など6項目の3つにわけられます。

 

 

 

※景気動向指数には 【CIとDI】があり、それぞれ特徴が異なります。

 

CI:「景気変動を量的に捉える」ので、上昇しているときは景気の拡張局面、低下しているときは後退局面となります。(現在はこちらが中心)

 

 

DI:「景気変動の方向性を捉える」

 

 

 

 

 

 

両者をあわせて利用すると、景気の動向をより正確に把握することができます。


 

 

 

日銀短観とは?

 

 

国内の資本金2千万円以上の企業(1万社超)を対象に、日本銀行が業績・設備投資・雇用状況などの調査を行い、四半期に一度のペースで発表する指標です。

 

 

中でも業況判断DIは、企業経営者の生の声がダイレクトに反映されているので、重要な指標
として国内・国外を問わず投資家には大注目されてるアンケート調査です。

 

 

 

DI指数の見方

 

 

各企業の経営者に現在の景気と先行きについて質問を行い、「良い」「さほど良くない」
「悪い」の三つで解答をもらいます。

 

そして、「良い」を選んだ経営者の割合−「悪い」を選んだ経営者の割合がDI指数となる
わけです。

 

この値がプラスかマイナスかで、経営者が今後の景気動向をどう見ているかがわかるわけ
です。

 

また、業種別にも集計されるために、業種別景況感の傾向も把握することができます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク