証券分析,法人保険

配当控除

配当控除

 

所得税の税額控除の一つ。

 

配当は法人の課税済利益から出しているので、個人所得税を課すと二重課税になって
しまいます。
したがって、確定申告をすることで、既に支払った税金から一定額を控除して取り戻すことができます。

 

※配当控除を受けられる分配金
→株式組入れ比率が25%を超え、かつ、外貨建て資産の組入れ比率が75%を超えないもの。

 

・なぜ、全ての株式投資信託で、配当控除が受けられないのでしょうか?

 

配当控除は、二重課税を防ぐしくみです。
企業が配る配当は、企業の利益から支払われるので、すでに税金を払っています。

 

それなのに、配当にも税金をかけるのは、二重課税になってしまうので税金の負担を
軽減します。
株式投資信託は、株式に投資ができる投資信託です。
 
必ず株式に投資しているわけではありません。
よって、必ず二重課税を受けるわけではないため、配当控除の対象になるとは限りません。

 

また、海外への投資によって得た利益も、配当控除の対象外になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク