証券分析,法人保険

居住用財産の3,000万特別控除

居住用財産の3,000万の特別控除

 

個人が、自分の住んでいる家屋や敷地を譲渡した場合、課税により新しい住宅の購入資金が
少なくなることを防ぐために、特例が定められています。

 

居住用財産3000万特別控除

 

■居住用のみです。セカンドハウス等は控除できません。

 

■所有期間や居住期間に要件はありません。

 

 

 

 

短期譲渡でも対象になります


 

 

■配偶者や直系血族、同族会社への譲渡は対象外です
■3年に一度しか使えません。

 

スポンサードリンク

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク