スポンサードリンク

生保商品と税金

損保商品と税金

 

スポンサードリンク

 

 

 

スポンサードリンク

 

生命保険料控除所定の条件を満たす生命保険契約等の保険料を支払うと、その支払った額に応じて一定額を控除できる制度。一般、個人年金、介護医療の3つの保険料控除があります。個人年金保険料控除の対象契約@年金受取人=被保険者であり、契約者本人ないし配偶者である契約A保険料払込期間が10年以上B支払い開始年齢が60歳以上かつ、年金支払いが10年以上介護医療保険料控除の対象契約@保険金受取人=契約者本人、配偶...

受け取り開始時:年金受給権が発生します。契約者=受取人であれば特に問題はありませんが、契約者と受取人が異なる場合、年金受取開始時に贈与税が課税されます。年金受給権は、以下の最も高い額で評価します。 @解約返戻金の金額A年金を一時金として受け取る場合は一時金の金額B給付を受けるべき金額の1年当たりの平均額を基に. 一定の方法で計算した金額  

基本的に、貯蓄性のある商品は資産に計上、貯蓄性のない商品は、損金に計上すると覚えてください。これをベースに、異なる処理をするものを整理していきましょう。・資産に計上=【保険料積立金】として経理処理します。・損金に計上=【保険料】として経理処理します。あくまでも受取人が法人のケースです。受取人が遺族等になると、その本人へのメリットしかないため、法人は同じ損金でも、従業員への給与として処理することにな...

一般に損害保険を契約すると、次の3つの場面で税金と関わりが生じてきます。@地震保険の保険料を支払った時「地震保険料控除」といって、1年間に払い込んだ保険料のうち、一定の範囲を所得金額から差し引くことができるものです。A満期返戻金(契約者配当金含)を受け取った時B実際に保険金を受け取った時にかかる地震保険料控除について地震保険料控除とは、納税者が特定の損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料や掛金...

保険料と経理処理原則損金です。但し、満期返戻金月の長期契約の場合、積立保険料部分は資産計上し、その他は期間の経過に応じて損金として処理します。保険金は、原則益金で、損害額が損金 が基本になります。配当・満期金生保と同じです。益金に算入し、資産計上額と相殺して、残りが課税対象となります。保険金と経理処理火災保険取得した保険金は益金に算入、損害額は損金処理されます差額は課税対象となります。受け取った保...