シニアに効くコピーライティング

シニア世代に共感されるコピーはどんなものなのか?を考えてみよう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

読みやすさ、わかりやすさ

 

 

まず、最低限のことである。
字の大きさ、配置、表現の仕方。

 

読みやすいこと、わかりやすいこと。

 

これなくして読まれない。
どんなに良いことが書いてあっても、読まれなければ何の意味もないのです。

 

わかりやすい言葉、たとえ話、少しづつ区切る。
これらは当然である。

 

 

 

高齢者扱いNG

 

 

一方、自分の年齢は実年齢より若いと考えています。
その気持ちを汲んであげなければなりません。

 

高齢者扱い、暗く見た瞬間にアウトです。
ポジティブに、明るいイメージを常に意識する必要があります。

 

若さを保つことを支援する、もしくは老化現象をしっかりサポートすることには大きなニーズがあるといえます。

 

 

 

 

広告宣伝においては、メッセージ性が重要

 

 

共感されるメッセージ型広告が有効です。

 

・仲間うちからの紹介、口コミを信用する

 

・不安、不信、不適。この不を取り除きたいと考えている

 

・高いものはいいものと考えている。高品質であるか、安いには理由が必要ということです。

 

 

こういう気持ちを理解して、ペルソナ宛の手紙を書くような広告が有効です。

 

なので、

 

 

・同じ悩みを抱える仲間からのメッセージのような言葉を使う。

 

・不が取り除かれる内容で、興味監視を引き出す

 

・具体的な特徴、成分、機能をしっかりと伝える

 

 

こう考えるわけです。

 

 

 

教えて売る。

 

 

その機能やベネフィットが具体的に良くわかっていないために、ニーズが表面化してこないケースが多くあります。

 

自分自身の悩みや課題がはっきりせず漠然としているので、それを解決できる手段があることに気づいていないということです。

 

したがって、啓蒙ツールが効くのです。

 

・○○を使いこなす方法

 

・○○で困らない●つのルール

 

 

ペルソナを明確に設定しておくことで、適格なツール開発ができるでしょう。

 

わからないことはわかるまで。
徹底的にフォローアップします。

 

読み込んで、悩みを明確にし、その解決方法があることを知って初めて、商品へのニーズがでてくるわけです。

 

 

 

 

複雑なものを簡単に見せる。

 

 

単純なものほど複雑に。
複雑なものほど単純に。

 

これが基本です。
単純なものは、その部品に使われている専門性や、活用している理論など、専門性あっての単純さが大きな売りになります。
したがって、専門的な説明をすることで信憑性が増すわけです。

 

 

反対に、複雑なものは複雑に説明すれば訳が分からなくなってしまいます。
性能を並び立てるのではなく

 

どんなことができるようになるのか?
どんな問題が解決されるのか?

 

シニアの生活において、具体的に得られるベネフィットをに語りかけることで伝わるわけです。
通販を見ていれば、それがよくわかります。

 

 

 

このように、ミドルとは明らかに異なる”伝え方”が、シニアには必要なのです。

 

シニアマーケティングの全貌はこちらへ

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク