証券分析,法人保険

シニアマーケットとはどのようなマーケットなのか?

シニアマーケットを取り組む必要性が言われて久しい。

 

なぜならば、日本は超高齢化社会真っただ中。
2015年にベビーブーム世代が65歳となり、高齢者となります。

 

さらに、2025年には高齢者人口はピークとなり、3500万人といわれています。

 

全体の人口が減っていく中で、唯一増加が見込まれているのがこのシニア層なのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

シニアの成功者はまだ少ない

 

 

シニア市場での開拓に成功し、大きな売り上げを上げている企業が多いかといえば、まだまだそうは言えない状況にあります。

 

 

これは、それまでのマスマーケティングが通用しないことを表しています。

 

 

市場を大きくとらえ、そこに網をかけていくやり方は対象が多く、ニーズが比較的単一な場合に有効です。

 

 

しかし、対象は多いものの、そこに多様なニーズがあるシニアには通用しません。

 

 

”シニア”と一言で言っても、その生活や価値観は多種多様であり、自社の顧客はどんなシニアなのかを絞り込まないことには、反応を得ることができないのです。

 

 

あくまでも、個の集合体。
そうとらえなければなりません。

 

 

逆に言えば、ターゲットを絞り込み、そのターゲットに対して他にはない価値の提供ができれば、新たな市場開拓に大きなチャンスがあるともいえるわけです。

 

 

誰にでもチャンスはあります。

 

 

 

 

シニアのペルソナ

 

 

シニアマーケットを考える上では、ペルソナの設定が超重要になります。
金融資産の大部分はこの世代にあります。

 

 

ただ、だからと言ってお金を使うわけではないのです。

 

 

何に価値観を持っていて、何になら惜しまずお金を使うというポイントをしっかりととらえなければ売れません。

 

 

資産規模よりも、価値観にフォーカスしたサービス設計が必要なのです。

 

 

例えば、

 

 

・孫のためならお金を惜しみなく使う

 

・趣味などに没頭し、共通の仲間とのつながりに価値観を持つ

 

・健康第一。健康にはお金をかける。

 

・資産運用になるものには貪欲

 

 

など、価値観に重きを置いたペルソナの設定は必ず行わなければなりません。

 

 

 

 

団塊シニアは、シニアのイメージを変える可能性
 
 
さらに団塊シニアが加わることで、シニアのイメージはさらに変化していきます。

 

高度成長期において、画一的に人生を歩んできたこの世代も、モノにあふれている今となっては画一的にはとらえられない。

 

 

仕事や家族状況などの変化に応じて、価値観は変化していくのです。
健康状態もそう。

 

 

価値観に変化を与えます。

 

 

そして価値観が合えば、消費に回す財も持っているのです。

 

その変化に応じた価値観をひろい、答えていくことが重要なのです。

 

 

 

 

シニアをやらない理由があるのか?

 

 

マーケットがなければビジネスは成り立ちません。

 

シニアは苦手。難しい。売るものがない。
だからやらない。

 

そんな選択肢があるのでしょうか?

 

 

従来のマーケットに固執して、見込み客の数は増えるのか、減るのか。
ライバルの数は増えるのか、減るのか。

 

 

自分に難しいことは、ライバルも難しいのではないか。

 

 

ビジネスは、見込み客が多い場所で行うのが最も確実です。

 

子育て層を相手にするなら、人口の多い中国やインドの方がいいわけです。

 

 

国内で唯一、マーケットボリュームが増えるのがシニアなのですから、ここを責めない理由などないのです。

 

 

今までの単一な収益モデルから脱却し、ビジネスを太くするチャンスでもあります。

 

 

・保険が売れないと商売にならない。

 

 

これではビジネスとしてシニアに取り組むのはきついのです。
でも、シニアにニーズがある商材を扱うことで、”顧客化”することができます。

 

 

リストがあれば、あとはアイディア次第。
ビジネスに広がりが出るわけです。

 

 

まさに、ブルーオーシャンといえるのです。

 

 

シニアマーケティングの全貌はこちらへ

 

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク