証券分析,法人保険

シニア向け商品にはこれが必要

シニア向けの商品、サービスを考える上で必ず加味すべきポイントがあります。
シニアの持つ意向、志向を踏まえて商品開発することで成功も近づくということです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自分の人生をより良いものにしてくれるパートナーを求めている。

 

 

シニアは、人間らしい接点を求めています。

 

単にサービスを提供してくれることではなく、自分のことをよくわかってくれて、自分にいいものを勧めてくれる。

 

つまり、パートナーを求めているということです。

 

したがって、長期の関係を期待するし、信頼関係を重視します。

 

 

・継続的に有益な情報がもらえる場を提供する。

 

・資産内容の定期的なチェックを一緒にする。

 

・状況の変化を定期的に話し合う

 

 

そういうサービス設計が重要です。

 

 

 

 

貢献したい、役に立ちたいと思っている

 

 

自分の人生を価値あるものにするために、生きがいを見つけるために

 

・人に貢献したい

 

・地域に貢献したい

 

・役に立ちたい

 

 

シニアはそういう想いを強くする傾向にあります。
自分のすることが、誰かの役に立っていること、これは強いメッセージになります。

 

消費行動が、貢献につながる。

 

最近よく使われるメッセージです。

 

 

 

仲間意識の強さ、口コミ情報を重視する

 

 

シニアはコミュニティを強く意識します。
”仲間”という表現をよく使うわけです。

 

この仲間意識の強さを意識することが重要です。
仲間が良いといったものを信頼するのです。

 

また、良い情報、役に立つ情報は仲間と共有したいとも思っています。
コミュニティ内での口コミ、これを大きな判断材料とする傾向があるのです。

 

 

人に伝えたくなるような価値や体験、伝えやすい表現やメッセージ、自慢したくなるような特別感。

 

こういったことを意識してサービスを考える事が重要です。

 

一定規模の顧客層ができた段階で、コミュニティを構築することも有効な戦略です。

 

 

 

 

 

特別待遇がほしい

 

・親切にされるとリピーターになる。

 

・特別会員であることにステータスを感じる

 

・自分のことをわかっていてほしい

 

・一定以上のステータスを持つ人として特別な扱いをされたい

 

 

こう考えるシニアも多い。
特に富裕層向けサービスを展開するならば、外せない要件になります。

 

他の人とは違う、自分だけのためのという価値が、値段ではない大きな付加価値になるわけです。

 

 

 

 

高付加価値商品で勝負しよう

 

シニア向けサービスを考えるうえでは、これらの視点を加味したうえで価値を上げることを考える必要があります。

 

求めているのは値段の安さではないのです。

 

ないから我慢している、あれば使うのに。
そういうニーズはまだまだ多く存在しています。

 

 

自分じゃできないけれど、その商品、サービスを使うことで人生をより楽しいものに、充実したものに、価値のあるものにできるのであれば、喜んでお金を払うこということです。

 

 

価格が価値ならば、いくらでも替えが出てきてしまいます。
値段を下げるのではなく、価値を上げて、値段も上げて、ニーズが存在するところに限定して提供していく。

 

これがシニアを攻めていくのに必要な思考になるのです。

 

 

シニアマーケティングの全貌はこちらへ

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク