平成29年確定申告

望む介護について考える

介護は誰にもおとずれる

 

 

健康寿命という言葉があります。
要は、健康に生きられる期間の事です。

 

 

一方平均寿命とは、亡くなるまでの期間です。
この差が男女によって違いますが、一定期間あります。

 

要は、介護状態になった後になくなるケースが非常に多いということです。

 

 

誰もが誰にも迷惑をかけずに。。。と思うでしょう。
でも、現実はそうはうまくいかないこともあるわけです。

 

いざという時、どうしてほしいのか?

 

介護は介護する方にも大きな負担があり、家族で乗り越えていくべきことです。
施設を使うにしても費用が掛かります。

 

 

納得して介護に向き合えるようにするためには、まずは希望を書いたうえで、家族との話し合いが重要になります。

 

スポンサードリンク

 

 

誰に、どこで介護してほしいですか?

 

 

様々な選択肢があります。

 

・自宅で家族が看る

 

・自宅でプロが看る

 

・施設に入る

 

 

 

そして、施設にも

 

・有料老人ホーム

 

・高齢者専用賃貸住宅

 

・サービス付高齢者住宅

 

・ケアハウス

 

・グループホーム

 

・特養

 

 

 

どのような状態だと入れるのか?

 

いつまで入れるのか?

 

いくらかかるのか?

 

何をしてくれるのか?

 

 

 

その特徴は実に様々です。
その特徴を知らずして、選ぶことなどできません。

 

事前に様々な施設を見学することも必要でしょう。

 

 

また、家族が見るにしても、その影響は非常に大きいと言わざるを得ません。
生活は変わり、仕事にも影響は出るでしょう。

 

介護保険を使ってサービスを受けるためには、市区町村に申請して介護判定をもらわなければいけません。

 

判定の結果によって、保険を使って受けられるサービスの額が変わるのです。

 

 

そして居宅介護を選択するならば、ケアマネージャーとの話し合いによりケアプランを作り、それに基づいてサービスを利用することになります。

 

つまり、ケアマネージャーと具体的な話をして、意向を踏まえてもらわなければならないのです。

 

 

この流れを知らずに、満足いく選択をすることなど、できるわけもないのです。

 

 

 

 

やはり理由が重要

 

 

施設に入りたいと書いてあったとして、それは結果です。
その理由や背景には様々なことが考えられます。

 

・家族に迷惑はかけたくない

 

・プロの看護を受けたい

 

・施設には何を望むのか?

 

 

等々

 

 

望んでも経済的に無理なことだって当然あります。
でも準備していれば可能になるかも知れません。

 

つまり、理由や背景まで、しっかりと話しておくこと。
これが重要なのです。

 

書くだけではなく、きっかけにしてちゃんと話しておくこと。
これ以上にお互いが納得できる手段はないのです。

 

 

 

 

介護保険制度だって、ほとんど知らない

 

 

40歳以上の人は、被保険者として介護保険に加入しています。
でも、その内容や、手続きについてどのくらいの方がちゃんとしっているでしょうか?

 

 

さらに、財政の面から考えても制度やサービスの在り方はどんどん変わっていくでしょう。
自分がどうしてほしいのか?

 

これを考える上では、そもそもどんな選択肢があるのかを知らなければ考えることもできません。

 

 

ましていざという時にどこに相談すればいいのか?

 

どんな手続きが必要なのか?

 

施設を探すにはどうしたらいいのか?

 

 

真剣に考えれば、知らないことの多さに愕然とするのです。

 

 

こう考えると、FPからの介護に関する情報提供は多くの問題を解決します。
どんな情報があったほうがいいのか、何をしておくべきかが見えてくるわけです。

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク