証券分析,法人保険

ファクタリングとは?

資金繰りに課題を抱える中小企業の経営者に、役に立つ情報提供は必須です。

 

そういう意味では、ファクタリングと売掛債権担保融資については知っておくべきでしょう。

 

 

 

ファクタリングとは?

 

 

簡単に言えば「売掛金を資金化」することです。
売掛金が現金になるには時間がかかります。

 

 

一般的に買掛金のほうが早く支払う必要があります。

 

簡単に言えば、お金が入って売るまで立替払いをしているようなもので、当然売掛金の回収スピードが早ければ早いほどお金が残ることになります。

 

少しでも早くして資金繰りを良くしたいというのが経営者の本音なのです。

 

その手段の一つが、

 

”ファクタリング”

 

になります。

 

 

これは、ファクタリング会社に売掛金を買い取ってもらうサービスです。
(仮に相手先の倒産により、回収不能になっても請求されることのない、完全売却です)

 

売掛金が減り、現金が増えることになり、負債などにはなりません。

 

これにより、資金繰りを大きく改善することができます。

 

スポンサードリンク

 

 

ファクタリングをするにはいくつかの問題もあります。

 

 

手段としては非常に有効ですが、実際の活用にはハードルがあります。

 

 

・債権者と債務者の合意契約が必要になります。

 

・手数料がかかる

 

・債務者が優良企業でないとファクタリングしにくい

 

・資金繰りが厳しいとの風評被害の可能性

 

 

取引先は優良企業ばかりではないでしょう。
さらに、風評被害が最悪です。

 

あの会社は資金繰りが厳しいのでは、、などと勘繰られると商売にも影響が出ます。

 

これらの問題が、ファクタリングの活用の幅を狭くしているのです。

 

 

そこでファクタリングの欠点を補完する目的で

 

売掛債権担保融資

 

が活用されています。

 

 

 

 

売掛債権担保融資とは

 

 

 

簡単に言うと、売掛債権を担保に、運転資金を借りるサービスです。

 

その特徴は

 

・債務者に知らせなくても良い方法があります(登記)

 

・手数料不要

 

・債務者が優良企業でなくても活用できる

 

・売掛債権の60%程度まで利用可能

 

 

風評被害もなく、売掛金を資金化することが可能になります。

 

 

もちろん、売掛金の中身の審査などは行われますので、売掛金が多ければいくらでも借りられるというものではありません。

 

でも、資金繰りを助ける有効な手段でもあることは間違いありません。

 

引出の一つとして、実装しておきましょう。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク