平成29年確定申告

社長の仕事

 

仕事はいろいろありますが、社長じゃなくてもできることと、社長じゃないとダメな仕事があります。
では、社長のすべき仕事はなんでしょうか?

 

 

営業面などもありますが、財務面でいえば、”お金の動きを通して会社の状況を把握して会社をコントロールする”ことになります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

会社の状況を把握するには

 

 

最も大事なことは、キャッシュの残高です。
他の何を忘れても、これだけは忘れてはなりません。

 

会社はキャッシュがないとつぶれます。
顧客が潤沢にいようと、利益が出ていようと関係ありません。

 

逆に言えば、お金さえあれば赤字でもつぶれることはありません。
会社が会社でいるために、何よりも大事なのです。

 

 

また、日々変わる状況の中でいかに柔軟な経営ができるか?を考えたときに、キャッシュ以上に柔軟なものはありません。
どんなに立派な設備があっても、どんなに立派な車に乗っていても、いざというときに役に立ちません。

 

キャッシュがあるということは、経営の安定弁なのです。

 

 

 

キャッシュを増やすには?

 

 

経営をしていて、キャッシュを増やしつづけることは永遠の課題です。
ではどうしたら増えるのか?

 

いろいろな方法がありますが、代表的なのは

 

 

・売り上げを上げる

 

・原価を減らす

 

・固定費を減らす

 

・税金を減らす

 

・代金を早く回収する

 

・支払いを遅らせる

 

・借り入れをする

 

などが基本的な方法です。
当たり前といえば当たり前ですが、経営者である以上、常にキャッシュを増やすための努力が必要です。

 

 

 

資金繰りは経営者にしかできない仕事

 

約束した期日に、約束した金額を支払うこと。
ビジネスが信用の上に成り立つわけですから、これは最低限のルールです。

 

これを守れなくてビジネスなどできないのです。
一度でも手形で不渡りを起こせば銀行取引は停止されます。
銀行取引が停止すれば、ビジネスは終わりです。

 

 

そういう意味で、お金が常に回ることは会社の大小問わず経営上の最重要課題なのです。

 

そして、その責任は経営者以外に負えません。
仕事の大半は資金調達という社長もいるのです。

 

 

数字が苦手など理由にならないのです。
常に、キャッシュ残高を通じた会社の状況把握、コントロールをし続けなければなりません。

 

 

 

資金調達するなら

 

 

利益を上げてキャッシュを増やす。
これがいつでもできればいいですが、創業期などそうはいかないことも多々あります。

 

その場合は、外部から借りたり、出資を募ったりします。
お金を借りられる会社かどうかは重要であり、経営者は常にそれを意識しなければなりません。

 

大手の銀行と取引ができて一人前ともいえます。
銀行からどう見られているか?は社会的信用の指標ともいえます。

 

 

ではそれ以外の方法はどうでしょうか?
自分の会社の株式を持ってもらって出資してもらう方法があります。

 

返す必要がなく、利益が出れば配当として還元することで恩返しできるわけです。
しかし、注意点もあります。

 

会社の株式=経営権です。
経営権がなければ重要な意思決定はできません。

 

多くの株を持ってもらうことが、やがて取り返しのつかないことになることもあるのです。
安易な出資は、将来のリスクともいえるわけですから、そのあたりも視野に慎重に検討してください。

 

 

 

自分で経営して初めてわかる、キャッシュの重要さ。
資金繰りの大変さ。

 

 

サラリーマンではわからない、経営者にしかできない大切な仕事なのです。

 

 

 

起業するために最低限知っておかなければならないお金の全体像はこちらへ

 

具体的なビジネススタート準備はこちら

 

スポンサードリンク

 

確定申告、経理の手間を徹底的に省くには?

個人事業主・中小企業なら、会計、決算業務はできるだけ楽にしたいものです。
かといって、正確さを損なうことはできません。

 

ビジネスが一定規模になるまでは税理士に頼むのも、、、というところです。

 

現在、無料で利用できる価値の高いソフトがいくつか存在します。
導入も簡単で非常に便利です。

 

中でもお勧めはこれ。

 

個人事業主・中小企業のための会計ソフト「freee(フリー)」
インストールの必要もないクラウドソフトですぐ利用可能!

 

まずは無料登録 

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSI1W+8D9CVM+2XTQ+601S3

 

 

 


 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク