証券分析,法人保険

株式投資の評価指数をマスターする

株式投資の評価指数には様々なものがあります。
これらを駆使して、株式の評価をすることで投資の参考にしていくものです。

 

しっかりと押さえておきましょう。

スポンサードリンク

 

株式投資の評価指標

 

株式の評価指数

 

 

配当利回り

 

効率よくインカムゲインが得られたかどうかを示す指標です。

 

 

配当性向

 

利益のうち、どれだけ配当に振り向けたかを示します。

 

 

 

PER(ピーイーアール)

 

PERとは、現時点での株価が 「割安か?割高か?」 を判断するものです。
お買い得感」とも言えます。

 

PERは株式投資を行なう上で最も使う頻度の高い単語です。

 

「株価÷EPS(1株あたり利益)」

 

で算出し、倍率で表されます。

 

 

例えば株価が5,000円で1株あたりの利益予想が500円ならばPERは何倍になるか?
「5,000÷500」=10 

 
 PERは10倍となります。

つまり、今の株価は、10年先の利益が織り込まれているということです。

 

→織り込まれている期間が短いほど、株価は割安ということです。

 

 

 

 

 

 

PERが低い方が割安といえます。


 

 

 

 

PBR(ピービーアール)

 

PBRとは、割安株の目安であり会社が解散した際の企業価値が分かります。

 

「株価÷BPS(1株あたりの純資産)=PBR(純資産倍率)」

 

で求められ、株価と純資産が一致することでPBR=1倍となります。

 

会社の純資産を1株当たりに換算したものと株価を比べるわけですから、PBRが1倍に近づけば近づく程、会社の解散した際の企業価値と同等になるということです。

 

一般的にはPBRが1倍に近づけば近づくほど底値に近づきます。

 

これは解散価値に株価が近づいているためで、これ以上下がる危険性が減るために、底値と判断することができます。

 

つまり、PBRの倍率が低ければ低い程「割安の目安になる」と言えます。

 

 

ROE(アールオーイー)

 

ROEとは、株主の資本をどれだけ有効活用しているのか?を判断するものです。
外国人投資家が最も重要視する指標です

 

「当期純利益 ÷ 純資産 × 100」

 
でパーセンテージによって表されます。

 

純利益が多くなれば多くなるほどROEの指数も上がり、投資家から集めた株主資本で上手に経営ができていることになります。

 

つまり、ROEが高ければ高く推移しているほど高成長を遂げている企業だといえる事が出来ます。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク