証券分析,法人保険

【くせ】を植え付ける

「見込み客との信頼関係」とよく言います。

 

信頼関係がないと、販売はできない。

 

その通りです。

 

ではこの信頼関係とはなんなのか?

 

 

リアルな友達や仕事の関係者であればイメージは容易です。
では会ったことのない、ネット上の関係の中での信頼関係とはなんでしょうか?

 

 

これは一言でいうと「あなたの情報に対する信用度」になります。

 

といっても、実際会ったこともない人の言うことを簡単に信用などするわけもありません。
会わずとも信用度を上げていかなければなりません。

 

なので、あなたのすることを一つです。

 

【くせ】をつけてもらうこと。

 

あなたからの情報が来ると、必ずこうするという【くせ】をつけてもらうことが重要です。

スポンサードリンク

 

 

・メールが来ると必ず開く

 

・動画が添付してあると必ず見る

 

・リンクがあると必ず開く

 

・記事が長くても最後まで読む

 

あなたからの情報がくると必ずこういう行動を取るという【くせ】をつけることで、その後のビジネスは飛躍的に大きくすることができます。

 

 

では【くせ】を付けてもらうためにはどうしたらよいでしょうか?

 

 

答えは、短期に、高頻度で、大量の、有益な、情報を流すこと。

 

これにつきます。

 

 

短期です。高頻度です。
毎日でもいいでしょう。

 

 

【くせ】を付けることが目的ですから、月に1回2回では目的を果たせません。
保存しておいて、あとで見ようと先送りにされるだけでしょう。

 

いつもくるものだから、先送りにはできない。読むのに多少時間はかかっても意味がある。

 

だから来たら開ける、読む、見る。
そのためには送る時間も考えなければなりません。

 

 

朝の通勤だと、新聞やその日の仕事の考え事で、あなたの文書を読む余裕はないかもしれません。

 

ならば昼休み、帰りの通勤時間。

 

読む余裕があると思われる時間に送る、毎回同じ時間に送るなどの工夫も必要です。

 

これも【くせ】付けです。

 

 

 

動画は、文書では伝わらないあなたの顔や声を知ることになります。
毎日見ていれば、「いつもあっている人」のように感じてくるでしょう。

 

ザイオンス効果とも言いますが、接触頻度はかなり重要です。

 

あなたの動画を見るくせがついていると、クロージングで効果を発揮します。
直接あったり話したりする以外の方法では、もっともクロージング力が強い部類に入りますから。

 

 

あなたの考えををしっかりと伝えるためには、ある程度文書のボリュームが必要です。
簡単に書いた文書では、あなたの思いまでは伝えられないでしょう。

 

なので、あなたからの文書はいつも長い文章で、でも読む価値があると思ってもらわなくてはなりません。

 

いつも短いのに急に長い文書が来ると、まず「読む価値があるかどうか」を考えてしまうのです。

 

 

そして読みだしてもエッセンスだけを抜き取ろうと、流し読みされてしまいます。

 

あなたの文章はしっかり読むことで価値があるというくせを付けてもらいましょう。

 

 

ただ、結局は文書に価値があるかどうか?がすべてです。

 

価値ある文書を作ることに全力をあげてください。
しかも最初が重要です。

 

最初に読んでもらう文書で価値を感じてくれなければ、その後の配信はすぐゴミ箱行きか、未読のままあとでまとめて消されてしまうでしょう。

 

そうならないように、特に最初の文書にすべてをかけてください。

 

 

もし、見込み客があなたの有益な情報を見る【くせ】がつき、あなたからの情報を楽しみにするようになれば、ビジネスは加速します。

 

見込み客の意識の中にあなたの存在が植え込まれて、考えずに行動をとるようになることをイメージして組み立てていってください。

 

 

メルマガの効果を最大にするためのノウハウ全貌はこちらへ

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク