証券分析,法人保険

金はなくとも

 

ジョイントベンチャーは、自分にない力を借りて売上を上げる方法論です。

 

 

・アイディア・企画

 

・人

 

・金

 

・モノ

 

 

あなたにアイディアさえあれば、ジョイントベンチャーを行うことができるのです。

 

 

よくお金がないから

 

人がいないから

 

売るものがないから

 

 

 

とやれない理由を並びたてる人がいます。
それでは無理なのです。

 

 

金がなければ持っている人を巻き込む

 

人がいなければ、いる会社を書き込む

 

売るモノがないなら持っている人を巻き込む

 

全部外部の力を使えばいいのです。

スポンサードリンク

 

 

お金があっても投資先がなければ投資できません

 

人がいても顧客がいなければ何も生まれません

 

商品があっても、顧客と売り方がわからなければ売れません

 

 

●●さえあれば、うまくいくのに。

 

そう考えている人を結びつけるのです。

 

 

 

 

うまくいくためには、リストを持っている人が必要

 

 

これは必須要件です。
あなた自身、もしくは持っている人を巻き込まなければうまくいきません。

 

 

よくある失敗例はここにあります。
全くの白地でJVは失敗するリスクが高くなります。

 

いくら商品があり、お金があっても、届けたい顧客すら新たに探すというのは非常に難易度が高く、コストも高くついてしまいます。

 

結果、合わないという結論になることが多いのです。

 

必ず、リストホルダーを巻き込むことを大前提としてください。

 

 

 

第三者を巻き込むためには

 

 

そのために必要なのは

 

 

・企画の魅力

 

・提案の魅力(取り分・リストの扱い)

 

となります。

 

 

基本的には、リストを持っている人に対してプロモーションをかけて販売していく形をとります。

 

したがって、強みを提供してもらうだけで、どのくらいビジネスになるのか?という企画の立て方と条件が重要なわけです。

 

たったこれだけで、こんなに利益がある。

 

分かりやすくいえばこれです。
リスクが限りなく低く、リターンが限りなく大きい提案によってのみ、成り立つのです。

 

 

 

 

自分のリストを使うなら

 

このジョイントベンチャーによって創られる新たなリストの取り扱いをどうするか?で条件に差をつけます。

 

あなたがリストホルダーなら、強いのはあなたです。
そのくらいリストは最強なのです。

 

リストを使わせないなら、多めにとらせ、リストが欲しいなら、その分取り分を多めにさせてもらう。

 

感覚としてはそのような意識がよいでしょう。

 

 

 

他人のリストを使う場合

 

 

リストを相手が持っている場合、あなたが追うのは目先の利益ではありません。
やはりリストです。

 

その瞬間の売上をいかに多くしてもらうかよりも、その後もリストを使えることを重要視しなければなりません。

 

リストが手に入れば、次回以降のプロモーションでいくらでもチャンスがあります。

 

すべてのことは、濃いリストを増やすことが目的である。

 

そう考える必要があるのです。

 

 

 

 
100:0マーケティングを目指す

 

 

リストを手に入れることが重要ではあるが、それができないなら

 

 

・自分の商品提供による利益はすべて自分のもの

 

 

最低限ここを取る必要があります。

 

 

リストも手に入らず、収益も減らされるのであれば、それは”ただ機能として使われている”に過ぎません。

 

結局収益を分ける=コストがかかると同じ意味です。
リストが手に入らないにも関わらず、コストをかけ続けること。

 

 

これはビジネスを維持するには使えても、成長にはなりえません。
結局は処理能力を上げなければ(=人を増やし続けなければ)成り立たないということになるのです。

 

あなたのサービスが相手のメリットになる大前提のもと、

 

 

・リストが手に入る代わりに収益には目をつぶるか

 

・収益を手に入れる代わりにリストに目をつぶるか

 

 

どちらの選択しか取るべきではないのです。

 

 

初期は収益には目をつぶり、軌道に乗ってきたらリストに目をつぶる。

 

これが健全な成長ルートとなります。

 

 

ジョイントベンチャーのノウハウはまだまだあります。→こちらへ

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク