証券分析,法人保険

建ぺい率とは?

建ぺい率制限

 

建ぺい率とは、建物の建築面積の、敷地面積に対する割合を言います。

 

つまり敷地に対してどれくらいの規模の建物を建てていいのか、どれくらいの空き地を確保しなければならないのかを表す割合で、用途地域ごとに制限されています。

 

建ぺい率=建物の建築面積
      敷地面積

 

 

 

建築面積とは、地上各階の水平投影面積で最も大きいもので、通常は一階部分の床面積です。


 

 

スポンサードリンク

 

 

建ぺい率が高ければ、敷地いっぱいに建物を建てることが可能ということです。
逆に低ければ敷地に空きスペースを多く設けなければいけません。

 

 

 

用途地域別の建ぺい率の最高限度

 

 

住居系の用途地域は比較的建ぺい率が低く、商業系の用途地域は建ぺい率が高くなっています。

 

建ぺい率

 

 

 

建ぺい率の緩和規定

 

 

各地域は上記表の範囲内で建ぺい率が定められていますが、以下のケースは建ぺい率が緩和(つまり敷地を広く使える)されます。

 

■建ぺい率限度が80%とされている地域外で、かつ防火地域内にある耐火建築物

 →+10%

 

■角地またはこれに準ずる敷地で、特定行政庁が指定するものの中にある建築物
 →+10%

 

■上記両方の条件を満たす
 →+20%

 

 

さらに、以下の場合は建ぺい率の制限がありません
つまり、敷地いっぱいに建物を建てることができます。

 

■建ぺい率限度が80%とされている地域内で、かつ防火地域内にある耐火建築物

 

■派出所、公衆便所、公共用歩廊(ほろう)

 

■公園、広場、道路、河川等の中にある建物で安全上、防火上、衛生上支障がないもの

 

 

 

 

 

建ぺい率の異なる地域にまたがる敷地は?

 

 

建ぺい率

 

それぞれの地域の面積で加重平均された割合となります。
具体的に見てみましょう




 

 

それぞれの建ぺい率を面積比率で加重平均しますので
 
80%×200/500+60%×300/500
 
=0.32+0.36=0.68
 
68%
 
となります。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

不動産投資をゼロから学ぶ

 

20万人が読んだ不動産投資教材です。(完全無料)

 

http://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

 

不動産投資を学ぶなら、これ一冊で十分です。
詳しくはhttp://mitoooya-aff.com/lp/419/303777

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク