平成29年確定申告

高さ制限とは?

高さ制限

 

住宅やマンション、ビルなどは、用途地域によって建てられる種類、建ぺい率や容積率などが規定されています。

 

しかし、これだけでは都市部の密集地における日照や採光、通風など基本的な住環境を阻害するおそれがあります。
また、道路に沿って高い建物ばかりが並べば景観上の問題もあります。

 

これを防ぐために、建物の高さを制限するためにいくつかの規定が設けられています。

 

高さ制限の種類

建物の高さを制限する規定には次のようなものがあります。
 
□絶対高さの制限
 
□道路斜線制限
 
□隣地斜線制限
 
□北側斜線制限
 
□日影規制
 
□高度地区

 

スポンサードリンク

 

 

絶対高さの制限

 

 

第1種低層住居専用地域と第2種低層住居専用地域では、原則建築物の高さが10mまたは12mのうち都市計画で定められたどちらか一方に制限されます。

 

例外として、特定行政庁が許可すれば、10mまたは12mを超えて建築することができます。

 

 

 

 

 

 

これで、この地域内に建てられるマンションも低層となるんですね


 

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク