マーケティング力なく、稼げない

 

あなたはこんな話を知っていますか?

 

ある会社は業界でも有数の教育システムを持っています。

 

懇切丁寧に新人に教え込み、数か月の教育機関をして理論武装された営業マンができあがります。

 

 

営業マン自身も、他とは違うことができる自分に自信を持ち、マーケットへ飛び出していきます。

 

 

最初の1年。今までの知り合いを中心に面白いように成績を上げていきます。
そして2年目、だんだんと行くところが少なくなってきますがまだ大丈夫です。

 

 

そして3年目、急速に行くところがなくなります。
翌週の手帳を見て、真白であることに将来の不安を感じます。

 

 

しかし会社はマーケットを付与してくれません。
上司も案件さえあればフォローできますが、さすがに案件を作ることはできません。

 

そして退職です。

 

 

時間をかけていくら理論武装しても、イコール売れ続けることにはならないことを示しています。

 

 

逆に売れ続けている営業マンは、手法は違えどマーケティングができています。
自分をブランディングし、専門性を打ち出して紹介で動いている方が多いのが事実です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

稼ぐための条件
 
 
このことは、細かい手法の違いはあれども稼ぐための条件を示しています。

 

 

・自分をブランディングする

 

・自分の特徴となる何かをとがらせる

 

・集客するために体か頭でひたすら汗をかく

 

・会った段階でプロとしてのポジショニングに立てるように仕向ける

 

・会った人へのフォローを手厚くする

 

 

ということでしょうか。

 

 

あなたがまねをできるなら、即実行すべきポイントになります。

 

ところが先ほどの退職した人が、その後1年で驚くほどの成果を上げることとなります。

 

 

いったい何があったのでしょうか?

 

 

答えは、マーケティングを行ってくれる会社へ転職したのです。
相談の入り口が限定されている人が目の前に座れば、売れてしまったということです。

 

 

 

 

マーケティング力が最強

 

 

目の前に見込み客を座らせることが継続的にできるかどうか?はあなたのビジネスの核になります。

 

 

あなたはどちらになりたいでしょうか?

 

与えてくれるマーケットで一生懸命頑張るか、与えるほうにまわるか?
もちろん稼げるのは後者です。

 

そのためのヒントは、このサイトで学んでください。

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク