ネットとリアルの融合

この時代ネットを使わないなんて。。

 

 

ネットに弱いという方もいるでしょう。
でももはやそんなこと言ってられません。

 

そのくらい、ネットの集客力はすごいのです。
とはいえHPを作れば人が来るといった単純な話ではありません。

 

研究して、あなたのビジネスに積極的に取り込まない手はありません。

 

 

 

スポンサードリンク

 

一方ネットにも苦手なことがあります。

 

それは、売ることです。
買う意思が確定している人が、手段としてネットを選択するのはもちろんあります。

 

 

なのでネットはモノが売れやすいと思われがちです。
でも実は違うんです。

 

ちなみに、ネットといっても様々な手法があります。
ホームページ、SNS、メール、youtubeなど画像といったところです。

 

それぞれに特徴がありますが、ホームページやSNSでいきなりモノを売るのは難しいでしょう。
メールなど他の手段と組み合わせます。

 

しかしそれでもクロージングできないこともあります。

 

 

 

リアルが最強

 

リアルにも、電話、面談とあります。

 

・顔が見える

 

・相手の状況によって臨機法変な対応ができる

 

・断りづらい

 

 

というポイントから、クロージング力はリアルが圧勝です。
メールよりは電話、電話よりは面談となります。

 

 

 

サイトにある、いつも変わらない映像や言葉だけでは、さまざまな状況にいる見込み客を行動に促すのは意外と難しいんです。

 

かといって、最初から売りモードで待っていれば、誰もあってくれないということになるわけです。

 

 

 

強みを組み合わせる
 
 
あなたのビジネスが成功するためには、継続的にあなたの前に見込み客が並ぶことが大前提です。

 

これはネットの領域。

 

 

ネットのよいところは、あなたの発信した情報が極端な話全世界に届けることができるわけです。

 

しかも低コストで。

 

 

とはいえ、物売りスタンスで発信しても誰も近寄ってきません。
やはり、売り気配を最大限消して役に立つ情報を届けることにその答えがあります。

 

 

役立つ情報提供をしながら、ネット上で将来の見込み客を育てていくこと、これ以外に方法はありません。

 

 

そして、最後決めるのはリアルな面談のほうが向いているわけです。

 

こうして、ネットとリアルの融合はきわめて合理的な選択なのです。

 

 

よくある融合は、

 

サイト+テレマーケティング

 

テレマーケティング+訪問販売

 

 

機能としてのテレマーケティングはプロに外注してしまうのも一つの考え方です。
苦手はことに注力するより、得意なことに注力しなければビジネスでの成功は難しいからです。

 

テレマーケティング一括比較

 

世の中にはプロがいるわけです。
うまく利用してビジネスを組み立てるべきなのです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

お客様は馬鹿じゃない

 

 

よいものは一瞬でパクられてしまいます。
そして価格競争に入っていきます。

 

しかし、そこで次は質の勝負になってくるのです。

 

 

いくらアポイントの時によいことを聞いても、実際のリアルの面談が期待外れだったとき、倍のレバレッジで返ってきます。

 

 

そうです。
質の低いものはすぐ気づかれ、淘汰されます。

 

融合戦略のポイントは、一貫性なのです。
どうやって、この質を保つのか?

 

この勝負になります。

 

どういうアポイントを作ると、リアルでの制約になりやすいのか?
会うまでの間に何をしておくと、リアル面談がやりやすいのか?

 

 

幸い、ネットは試行錯誤するのに向いています。
考え、試したことがすぐ結果として見れるからです。

 

試行錯誤した結果できあがっていくものが、あなたの前に見込み客を継続的に生み出す最強のプラットフォームになっていきます。

 

今後どんなにネットが進化しても、やはりリアル面談の強みは残るでしょう。
特に商品がコンサルティングのような形のないものならなおさらです。

 

 

もはや、ネットをやるかやらないかの議論など不要です。
今すぐ導入すべきです。

 

 

集めて、育てて、課金するというモデルの中で、どのように活用するか?

 

それだけなのです。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク