各国の相続税計算方法とは?

各国の相続税計算方法

 

相続税に対する考え方は各国それぞれです。
マレーシアやオーストラリア、カナダ、香港といったように相続税が全くかからない国も存在します。

 

では、かかる国ではどのような方法で計算されているのでしょうか?

 

 

各国の相続税計算

 

相続税の課税方法は大きく分けて2つあります。

 

スポンサードリンク

 

 

@遺産課税方式

 

 

 財産の総額に対して課税をかける方式。作為的な分割によって租税回避できないことが
 特徴です。
 アメリカやイギリスで採用されています。

 

A遺産取得課税方式

 

 

 実際の取得額に応じて累進課税をかける方式ですので、各取得者間の税負担の公平を
 図りやすいのが特徴です。

 

 ドイツやフランスがこの方式です。

 

 但し、仮想の遺産分割によって税の回避が図られやすいという難点があります。

 

 

 日本においては遺産取得課税の建前を維持しながら、難点を解決するために
「法定相続分課税方式」が取られています。

 

 実際の分割の方法に寄らず、法定相続分で分割したと仮定して相続税の総額を算出し、
 それを実際の取得額に応じて按分する方法です。

 

 

 

相続税計算の全体像はこちらへ

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク