相続税の総額を算出

相続税の計算 大まかな流れA

 

相続税計算A
ここまでで課税遺産総額が3億5,200万とでています。

 

これを、実際の分割内容ではなく、法定相続割合で分割したとみなして、相続税の総額を出していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

1)仮の各相続人の取得金額を出します。

 

 

  法定相続割合にしたがって、3億5,200万円を分割します。

 

 

3億5,200万× 妻1/2 →17,600万

 

       長男1/4 →8,800万

 

       次男1/4 →8,800万

 

 

 

2)各人の仮の取得金額を税率表に当てはめて各人の税額を出していきます。

 

 

  →税率表はこちらへ。

 

  各人の税額は

 

 

妻   17,600万X40%-1,700万=5,340万

 

長男  8,800万X30%-700万=1,940万

 

次男  8,800万X30%-700万=1,940万

 

 

 

相続税総額は5,340+1,940+1,940=9,220万円となります。

 

 

相続税計算の全体像はこちらへ

 

スポンサードリンク

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク