証券分析,法人保険

なぜドクターマーケットは魅力的なのか?

ドクターといえば、高所得者の代名詞とも言えます。

 

フローリッチからスタートし、不動産なども所有するストックリッチになり、さらに収入も財産も多いスーパーリッチへと上がっていきます。

 

家業として代々ドクターということも多く、自分の子供も医学部に進学させたいとも思っているため、貯蓄志向が高い人たちです。

 

つまりステージに合わせて、さまざまなニーズがあり、多くの営業マンにとって魅力的なマーケットと言えるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

ドクターマーケットの魅力は

 

 

全国どこでも

 

ドクターのいないところは少ないのです。
通常3大都市圏に集中しがちなところ、ドクターは人に比例して全国で開業されています。

 

新たな住宅地ができれば、小売業などと同時に、内科、外科、小児科、歯科などが開業します。
注意してみてみると、どんな地方に行ったとしても病院や医院の数の多さに気づくでしょう。

 

 

 

景気に関係なく需要がある

 

これは重要です。
不景気だから風邪をひいても病院に行かないという選択はしません。

 

国の手厚い医療保険制度もあるのですから、病院に必ず行くわけです。

 

一般的な法人は常に好不況に左右されるのに比べれば、安定した業績を残しやすいといえます。

 

 

 

ドクターのライフプランに合わせて自分も成長できる

 

 

ドクターは、大学を6年で卒業後に大学病院等での勤務を経て、35~45で開業したり、家業を継ぐことが多くなります。

 

開業のためには、多くの高額の医療機器が必要になり、これらは多くの場合リースによって調達しています。

 

つまり、多くの借金を背負ってスタートするわけです。
そして、収益にあわせて”一人医師医療法人”を設立します。

 

収益が上がれば当然節税のニーズも多くなり、ドクターの報酬も増えます。
当然多くの財産を所有することにもなるわけです。

 

医療法人は配当がだせないため、一般法人の自社株にあたる出資持分の評価も高くなります。
したがって、相続対策も重要な視点になります。

 

このように、ドクターの成長に合わせて求められるニーズも変わり、それに対応することで自分自身もステップアップしていける市場だといえるのです。

 

 

 

ドクターの知り合いはドクター

 

ドクターは出身大学の所属医局のつながりが必然的に強くなります。
それは共に学び、切磋琢磨してきたからこそです。

 

そのつながりは開業して消えるものではありません。
したがって、ドクターの知り合いはドクターなのは必然なのです。

 

一人のドクターのお役に立てれば、紹介によってまたドクターに知り合える可能性は高いのです。

 

 

 

このように、ドクターマーケットはその規模感、発展性を考えても大きな魅力を持っています。
また、ニーズが顕在化していることも多く、長期でおつきあいすることで様々な提案局面がくるわけです。

 

特に地方においてビジネスをするならば、ドクター攻略は必須と言えます。
ドクターを知り、ドクターに自分のビジネスを展開することを積極的に考えるべきなのです。

 

 

ドクターを攻めるなら、まずはこれを押さえておきましょう→こちらへ

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク