証券分析,法人保険

予定納税の仕組み

予定納税とは?

 

個人事業主は、確定申告後に予定納税をするケースがあります。

 

その年の5月15日において、予定納税基準額(前年分の所得金額や税額から計算される金額)が15万以上の場合、今年度の所得税の一部を確定申告前に前もって納付する制度です。

 

簡単に言うと、前の年と同じ金額の所得税が発生するとみなして一部を前払いさせるということです。
該当すると、6月15日までに通知が来ます。

 

なお、確定申告をしているサラリーマンも条件に該当すると通知が来ますが、勤務先で源泉徴収されていることを税務署に連絡することで払う必要はなくなります。

 

 

 

納付額

 

予定納税基準額の1/3づつを2回に分けて支払います。

 

・第一期:7/1~7/31

 

・第二期:11/1~11/30

 

 

なお、正当な理由があれば減額申請をすることができます。

 

例えば、業績が悪い、廃業等で税額を支払うことができない場合は【予定納税額の減額申請】を7/15までに提出して承認されることで減額が可能になります。(第二期の場合は11/15まで)

 

予定納税の減額申請書はこちら

 

 

予定納税には実はメリットがあります

 

 

前もって税金を支払わなければならない予定納税ですが、デメリットばかりではありません。
実はメリットもあるのです。

 

支払っても資金的に問題がない場合、とりあえず支払っておきます。
そして翌年3月に確定申告をすることになるのですが、確定した税額と予定納税した金額を比べて確定額が少ない場合はその分が還付されます。

 

そしてその還付金は、

 

還付加算金

 

つまり、利子をつけて払ってもらえます。

 

ただし、平成25年に年4.3%だった利率も、だんだんと引き下げられて平成27年は年1.8%となっています。

 

まだ銀行預金よりはメリットがあるとはいえ、金額によってはメリットよりもデメリットのほうが大きくなっていると思います。

 

※注意点
なお、還付加算金は雑所得として申告が必要になります。
くれぐれも事業所得として扱うことはないように注意ください。

 

スポンサードリンク

 

確定申告、経理の手間を徹底的に省くには?

個人事業主・中小企業なら、会計、決算業務はできるだけ楽にしたいものです。
かといって、正確さを損なうことはできません。

 

ビジネスが一定規模になるまでは税理士に頼むのも、、、というところです。

 

現在、無料で利用できる価値の高いソフトがいくつか存在します。
導入も簡単で非常に便利です。

 

中でもお勧めはこれ。

 

個人事業主・中小企業のための会計ソフト「freee(フリー)」
インストールの必要もないクラウドソフトですぐ利用可能!

 

まずは無料登録 

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2HSI1W+8D9CVM+2XTQ+601S3

 

 

 


 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらも具体的解説中ですので、ぜひのぞいてみてください。
 ↓↓

”マーケティング・集客・コンサル術”

 

こちらで具体的に解説中です。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク

 

予定納税の仕組み 合わせて読みたい

所得税の基本とは?超過累進、復興特別所得税、非課税所得を解説
所得税の計算とは?総合課税、分離課税、所得の種類を解説
利子所得とは?預貯金利子、公社債投資信託分配金、源泉分離を解説
配当所得とは?少額配当、負債利子、配当控除を解説
不動産所得とは?5棟10室、専従者給与、青色控除を解説
事業所得とは?相当の対価を継続的、家事関連費を解説
給与所得とは?年末調整、給与所得控除、特定支出、源泉徴収を解説
退職所得とは?退職所得控除、1/2分離課税を解説
山林所得・雑所得とは?五分五乗方式、公的年金等控除を解説
譲渡所得とは?長期・短期譲渡所得、概算取得費、特別控除を解説
一時所得とは?競馬払い戻し金、保険に関する一時金を解説
損益通算とは?通常生活に必要ない資産、土地負債利子を解説
純損失・雑損失の繰越控除、純損失の繰り戻し還付を解説
14の所得控除とは?
税額控除とは?
申告と納付 青色申告、予定納税、サラリーマンの確定申告を解説
青色申告のメリットはこれ
医療費がかかった年は必ずやろう
確定拠出年金VS国民年金基金
サラリーマンの節税を考える
住民税の仕組み 前年所得課税、利子割、所得割、均等割を解説