テレマーケティングを活用する

あらゆるビジネスで電話対応は必要です。

 

テレビ通販など、まずは集客して具体的な注文受けを大型のコールセンターで受けるというビジネスモデルはいたるところにみられます。

 

一方、以前より白地(タウンページなど)に対して売り込み電話をかけるテレマーケティングなども行われてきました。

 

 

特に、平日の日中に家にいるとすると、シニア層です。

 

シニア向けのテレマーケティングは大きなビジネスになってきました。

 

保険、布団、リフォーム、、、

 

 

かかってくる電話対応をインバウンドコールといい、かけていくほうをアウトバウンドコールといいます。

 

 

FPのビジネスにおいて、使い方によってはビジネスを大きくできるのはアウトバウンドコールです。

スポンサードリンク

 

 

電話の強み

 

 

なんといっても、プッシュの力です。
サイトで待っているだけでは不可能なクロージングの力があります。

 

この力を自分のビジネスに取り込む発想が重要です。

 

 

・一度でもサービスに興味を持ってくれた人

 

・一度でもサービスを使ってくれた人

 

・いつもサービスを利用してくれている人

 

 

こういった顧客に、

 

 

・新しいサービス

 

・新しい商品

 

 

をご案内することに、何の違和感もありません。

 

 

むしろ、顧客サービスとしてはウエルカムな話です。

 

 

重要なのは、

 

 

誰からかかってくるか?

 

なのです。
見知らぬ誰かからかかってくる売り込みには、完全拒絶です。

 

でも、”知っているあなた”からかかってくる”案内”に、頭から拒否する理由はないのです。

 

 

 

 

例えばいつも使っている銀行からの電話

 

 

電話がかかってきて、むげに対応しますか?

 

おそらくちゃんと対応するはずです。
そして、何かの金融商品を進めてきたとしても、なにか違和感を感じるでしょうか?

 

 

ないのです。
感謝すらされるかもしれません。

 

今回断られたとしても、またかける理由もあります。

 

この発想を持つと、誰と組むことがビジネスにつながるかがよく見えてきます。

 

 

顧客から愛されているブランドを持つ会社とのビジネスは、大いなる可能性を秘めているのです。

 

 

 

 

どんな提案をすればよいのか?
 

 

ずばり、テレマーケティングの活用による新規顧客の掘り起しです。

 

 

相手の持っているリストに対し、相手のブランドでアウトバウンドコールをかけていきます。
そして売り込むサービスは、相手の持つ付加価値を引き上げるものである必要があります。

 

FPサービス

 

は十分な付加価値になります。

 

 

相手の持つ力と自分の力を、外部のテレマーケティングという機能をくみあわせることで具体的なビジネスに展開していく道が見えてくるのです。

 

 

なお、テレマ業者もピンキリです。
得意分野も違います。

 

相手のブランドを傷つけず、高い成約率を保つにはしっかりと業者選定する必要があります。

 

テレマーケティング一括比較

 

 

自分との相性もあるでしょう。

 

良いパートナーを見つけ、

 

 

相手はリストを出すだけ

 

 

という状況に持ち込める提案ができれば、思いもよらなかった大きな相手とのビジネスも実現可能なのです。

 

 

外部の機能をうまく活用することも、ビジネスの自動化には必須の考え方になります。

 

テレマーケティング一括比較

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク