平成29年確定申告

SEO対策は王道を行く

 

究極のSEO対策はずばり、

 

優良な記事を書き続けること

 

です。

 

 

どんなにコストをかけて人を集めたとしても、そこにある情報が魅力的でなければ何も生まれません。

 

なによりもまず、優良な記事を書くことより重要なことはないのである。

 

 

優良な記事は、農業でいえばよい土のようなものなのです。
よい土を作り、種をまいていけばよい収穫物が期待できます。

 

しかし、荒れた土地に種をまいたとしても、何も生み出せません。

 

したがってまず大事なのは、土をビジネスに最適な状態にすることになります。
具体的には、全力でいい記事をサイトに詰め込むことになります。

スポンサードリンク

 

 

畑と認識されるためには

 

 

これは、1,000~1500文字程度の記事を最低100は必要です。

 

そして、100記事詰め込んだ時点で、ようやく畑になっていきます。
ここに種をまきます。

 

種とは、さらなる記事のことです。
優良な記事をまいていきます。

 

そうして200記事のサイトになった時に、完全に畑になったといえるでしょう。

 

 

種をまいた畑からは芽がでます。
その中には優良な芽も出るでしょう。

 

よい芽の分野の記事を書き続ければ、ヒット数も増えていきます。

 

こうして良い芽がたくさん出れば、アクセスも集まるわけです。

 

 

 

2割で十分

 

ここで大事なことがあります。
100発100中などあり得ないということです。

 

 

イチローでも3割、3割すらヒットは難しいのです。
2割でれば十分。そのくらいの気持ちで種をまき続けることが重要です。

 

ただし、全力でです。
手抜きはだめです。

 

こうして出た芽に水をやり、成長させていきます。
それがSEO対策です。

 

 

 

 

ここで初めて、SEOが出てきます。
 
 
SEOには様々な手法がありますので、それを丁寧にいきます。
めんどくさいことをどこまで丁寧にできるか。

 

少しづつお金をかけて、トライアンドエラーを繰り返す。

 

これがビジネスです。

 

 

簡単にできることでビジネスができたとしても、それはまぐれです。
再現性は低いでしょう。

 

このように、WEBでの集客を考える場合、まずは畑をつくらないと何も始まりません。
日記には誰も興味がないわけです。

 

そのためには、めんどくさい作業も多い。
でも、一つ一つ丁寧にやることが、すべて土の質に関わります。

 

あの宮崎駿監督の口癖も“あーめんどくせえ”です。
よい芽を育てるためには、まずもって優良な記事を詰め込んで丁寧にSEOすることと押さえてください。

 

集客のすべてはここに

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク