証券分析,法人保険

ツイッターで集客!

 

140文字という限られた文字数でつぶやくこの媒体は、リアルタイムな情報を提供することに長けています。

 

しかしながら、ユーザー間の関係は緩く、大量の情報が一瞬で流れていくためになんとなく見ている媒体と言えます。

 

情報の拡散に長け、情報収集を行うのに有効である一方、積極的なセールスや勧誘は控えなければなりません。

 

 

では、どう使うのか?

 

スポンサードリンク

 

 

入り口を増やすという意識。

 

 

リスト取りの入り口です。

 

リストを取るのはサイトです。
ですから、ツイッターはサイトへの入り口ということになります。

 

入り口から多くの人に入ってもらうためにはどうすれば良いか?

 

1.フォロワー数

 

2.興味を引く画像

 

3.自己紹介

 

 

この3点で興味を引き、サイトのURLをクリックしてもらうのです。

 

 

そしてサイトで有益な情報提供をおこなうことで、さらなる情報欲求を引き出して、メルマガや無料プレゼントを請求してもらうのです。

 

 

 

 

ビジネス利用に必要なフォロワーの数

 

 

ツイッターのつぶやきは、基本的に自分のフォロワーにのみ届きます。
したがって、フォロワーの数が増えないと拡散も見込めないということです。

 

一般的には、ツイッターをビジネス利用するためには2~3,000のフォロワーが必要になります。

 

 

最初は数重視で

 

フォロワーの質を重視するあまり、最初から選り好みをしていると一向に数が増えていきません。

 

量に勝る質はなく、最初は量を求めます。
その量に反応して、質も集まってくると考えるべきなのです。

 

まず2,000人を目標とし、それまでは自分の商圏内のユーザーはすべてフォロワー対象と考えましょう。

 

 

 

返報性の活用

 

自分からまずフォローすることで、リフォローされる。
これが大原則です。

 

画像と自己紹介を整備したうえで、どんどんフォローしていきます。
初期の頃は、フォローしない条件だけを決めておき、それ以外は基本フォローしていく形をとります。

 

 

 

アカウント凍結には注意が必要

 

極端な行動はツイッターから嫌われることを覚えておいてください。
例えば

 

・1時間に200人以上のフォロー、アンフォローをする

 

・1日に300人以上のアンフォローをする

 

アカウントの凍結リスクがあります。

 

 

また、フォローする数の上限は2001人もしくは、フォロワー数×1.1です。
したがって、2001人以上のフォローをしたければ、1820人以上のフォロワーが必要になります。

 

なので

 

①制限までフォロー

 

②フォロー返しを待つ

 

③フォローしてくれない人を解除

 

④再度制限までフォロー

 

これを繰り返し、最短でフォロワーを増やしていくことができます。

 

 

ターゲットは

 

・フォローを返してくれる人

 

・フォロワーの数が多い人

 

まちツイなどのサイトを利用すれば、フォロワーの多い人を簡単に見つけられます。

 

 

 

 

十分なフォロワーが集まったら

 

2,000人以上のフォロワーが集まれば、いよいよ積極的な発信をしていく段階です。
さらなるフォロワー増加のためには、やはり役立つ、面白い情報が必須になります。

 

ブログやフェイスブックの記事を拡散させるにも、工夫が必要です。

 

ブログを更新しました。

 

よりは

 

○○の方法とは??

 

の方が興味関心を引くでしょう。
クリックしたくなるような紹介文があるといいです。

 

 

有益な情報を絶えず流し続けることで、より多くのフォロワーを獲得することで、サイトへ送り込める見込み客の数も増えていきます。

 

10000人のフォロワーが集まれば、もはや巨大媒体です。
大きな発言力を持つことになります。

 

 

 

リアルタイムを生かす

 

 

・セミナーの席、あと⭕️席です

 

・今だけ、特別価格です

 

・締め切りまであと⭕️時間

 

 

リアルタイムに情報を流せることも、ツイッターにしかない強みです。
”今”必要な情報をタイムリーに流すことで、人を動かすことができます。

 

 

このように、ツイッターも装備しておくべきツールであることが理解できると思います。
特性を理解し、十分に活用しましょう。

 

 

集客のすべてはここに

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」

プレゼント中

スポンサードリンク