証券分析,法人保険

ビル用地の評価

 

ビル用地の評価

 

 

よく、マンションで一階に店舗、最上階にオーナーが住んでいるマンションを見かけますよね。
あれは税金上のメリットを生かすために行っていることです。

 

マンション等のビルがたっている土地の評価をマスターします。
※ただし、小規模宅地等減額の特例はここでは考えません。別途解説します。

 

原則、家屋の利用区分に応じて評価する と覚えてください。
家屋の利用区分です。

 

スポンサードリンク

 

 

具体的に見ていきましょう。

 

まず、このマンションは5階建てです。

 

一階でコンビニを経営しています。

 

そしてオーナーが最上階に住んでいます。

 

その他のフロアはすべて賃貸用として人に貸しています。

 

 

このケースで利用区分を考えると、

 

■1,5階は自分で使っている
■2,3,4階は人に貸している

 

となります

 

 

したがって、土地の評価もそれに応じて按分して考えます。

 

400㎡のうち、

 

・2/5は自用地としての評価

 

・3/5は貸家建付地としての評価

 

をします

 

 

1億のうち、3/5=6,000万分が貸家建付地です。

 

借地権割合0.7、借家権0.3ですから、6,000×(1-0.7×0.3)=4,740万の評価になります。

 

 

自用地はそのままですから、合わせた8,740万が土地の評価ということになります。

 

※実際は小規模宅地等減額の特例でさらに大幅な評価圧縮になります。

 

 

ここでは、考え方のみ覚えてください。

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク