資格について勘違いしてはいけないこと

 

資格試験のために勉強をして、「知識」を得るとその分野に関してすべてを悟ったと勘違いする人は多いんです。

 

ある意味当然です。
今までの自分より多くの知識を得ることができ、お客様や周りの人よりも「知っている人間」に
なったことで、人に教えたくなっているわけですから。

 

 

試験では、答えが用意されています。
なので、ある問題を設定したとき、既に頭の中にある「知識」から、素早く、正確に、速く答えを出せる人が優秀ということになります。

 

 

そもそも、資格を取るという行為は、とることでステップアップする自分を夢見て、
自分に鞭打って時間という資産をなげうって取り組むわけです。

 

 

なので、合格=ゴールになってしまいます。

 

 

ただ、これは勘違いでしかありません。
合格=知っている という状態、ただそれだけなんです。

 

 

スポンサードリンク

 

大事なのは、知っていることをどのように人に伝えられるか?です。
そしてその結果、相手が意図したように動くのか?ということになります。

 

これが「知恵」です。

 

 

知恵は自らの経験からしか生まれないんです。

 

 

なので私が伝えたいことは、

 

知識をいかにに理解するかという「知恵」。
そして、知識を知恵にする為に、行動するという「思考」

 

よく本を読めと言いますよね。
いいことです。

 

でも大量の書籍を学んで理解したと思っていませんか?

 

 

勘違いです。それだけでは何も理解していません。

 

本の著者が何年も積んできた経験を活字から知ることはできました。
でもどうでしょう?自分が「どう活用すれば良いか」までわかりましたか?

 

そして実行に移したことがいくつありますか?

 

実行し、経験になり、小さな成功体験を積み重ねていけば、それがやがてノウハウになります。
こうして、知識が「知恵」へと変わります。

 

 

本を読んで、いいな、すごいなって思ってテンションは上がるんだけど、読み終わると他人の話になっちゃってるってこと、よくありますよね。

 

 

 

結果を出している人には共通点

 

それは、行動するということです。

 

 

本を読んでいいなと思うことがあれば、そればどんな些細なことでも行動に移します。
そして、継続します。

 

 

もちろん試行錯誤はあります。やっているうちに、自分のやり方になっていくわけです。
このノウハウこそ、知恵です。

 

ビジネスにおいてもちろん知識は大切です。
でもなくても売り上げのいい人はいる。
よくいませんが。知識は自分より全然ないんだけど、「人間力で営業している」ってひと。

 

ただいい人だから売れるんじゃありません。

 

こういう人ほど、良く動いているんです。
普段から、毎日少しづづでもお客さんのところに顔を出して挨拶をする。少し話をする。
電話する。手紙を書く。

 

すべての行動がお客様に好かれることにつながっている。
お客様が、この人のことを忘れるでしょうか?

 

 

だから売れるんです。
この行動量や、少しづつお客さんと接点を持つ方法、まさにノウハウ、知恵なわけです。

 

 

FPで知恵のある人はどのくらいいるのでしょうか。
お客様が抱えている課題に答えは用意されていません。

 

考えながら試行錯誤して実行していくしかないんです。
それ以外に、成功はありません。

 

 

ここに、単に知識のある人がビジネスで成功できない答えがあります。

 

 

さらに、こういう人も多いです。
ノウハウコレクターとでもいうのでしょうか。
何か素晴らしいノウハウはないかと探し回ります。

 

圧倒的な成果を出した人の話を、聞いただけで自分のものにできる方法などあると思いますか?

 

 

絶対にありません。

 

そういう人はたいていの場合、「そんなことは知っているよ」と「知識」としてもっている内容を聞いたときに不満です。

 

もうわかりますよね。

 

 

 

「知識」と「知恵」を混同してはいけません。

 

 

全く違います。別物です。
はっきりいえば、知識だけでは経験がないので、実際には「何も知っていない」のと同じなんです。

 

 

知識を得るための方法論は、本を読み、それをすべて暗記することです。

 

しかし、知恵を得るためには行動して、経験を積むしかないんです。

 

 

今、あなたが持っているのは、本から学んだ知識ですか?
経験から学んだ知恵ですか?

 

 

答えのない問いに対してトライ&エラーを行い、細かい成功体験を積み上げていくことによってのみ、成功への階段を着実に登れるようになります。

 

 

勘違いしないでください。
本はたくさん読んでください。
セミナーで成功者の話をききましょう。

 

でもそれを少しでいいのでアウトプットしましょう。
なにもしなければ、翌日には何も残りません。。

 

メモをまとめるとか、誰かに話すとか。
よくある、フェイスブックに書く日記はだめですよ。
「セミナーに行ってきました」

 

芸能人でもない人の日記を読みたい人なんていませんから。

 

 

FPには、間違いのない方向決めと、「行動」によってしか得られない「知恵」が重要です。

 

FPとしてのマインドセット全体像はこちら

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク