平成29年確定申告

経営者保険に無競争状態を作る方法

経営者保険はレッドオーシャン

 

 

法人保険といえば、経営者保険、役員保険を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、この市場はかなりのレッドオーシャンです。

 

海千山千の猛者たちが、日々競い合っています。

 

この市場で勝つには、皆と同じことをやっていては勝てない。ということで、難しいことを知ろうとする領域に突入していきます。

 

 

ところが時間をかけて武装しても、なかなか成果に結びつかず撤退。
これが現実ではないでしょうか?

 

 

中小企業の経営者にとって、今出ている利益が将来も出続ける確約など一つもありません。

 

したがって、将来の不測の事態にも耐えられるように貯めておく(繰り延べておく)ことは重要で顕在化したニーズです。

 

 

繰り延べた結果、出口をどうするか?は重要な視点ではありますが、先のことはわからない中出口がないからと言って繰り延べを躊躇する理由もありません。

 

 

これがあるから、経営者保険には今もなお一定のニーズがあるのです。

 

スポンサードリンク

 

 

今後この分野はどうなっていくのか?

 

 

法人税は今後も下がります。
これは間違いのない流れです。

 

 

実効税率で20%を切ってくるでしょう。
そうなると、今と景色が変わってきます。

 

 

もちろん、一定の繰り延べニーズはあります。

 

しかしながら、確実に経営者の優先順位はさがります。
つまり、切り口としては今より確実に鈍くなってしまうのです。

 

 

そんな状況の中、数%の違いを武器に商品売り込みを行うことで本当に戦っていけるのでしょうか?

 

 

これは難しいと言わざるを得ません。
他のライバルよりあなたが優れている理由を今以上にアピールしなければなりません。

 

 

 

 

法人保険を扱う意味を考えてみる

 

 

そもそもなぜ法人保険を取り扱うのでしょうか?
ずばり、単価が大きいから。

 

昔から、保険においては紹介の重要性が語られています。
素晴らしいセールスをすれば、紹介が連鎖し、無限にマーケットが拡大していく。

 

確かにすばらしい。

 

でもそれを体現できている人がどのくらいいるのでしょうか。
紹介を依頼しても、相手の都合があるわけです。

 

 

紹介を継続させるには”仕組み”が必要であり、紹介入手を依頼し続けること以外の”仕組み”がなければ無限に紹介が連鎖するなどというのは幻想にすぎないのです。

 

 

この”仕組み”の一つがまさに、法人を扱う意味なのです。
法人には多くの人がいます。

 

 

・会長、社長

 

・他の役員

 

・従業員

 

・その家族

 

 

さらに多くの取引先があります。
社長の友は社長です。

 

 

従業員は転職するかもしれません。
その行先もやはり会社です。

 

 

その企業の担当者になることは、まさに”仕組み”を持つことに他ならないのです。

 

 

 

企業の担当者とは?

 

 

では、法人保険を扱うことが企業の担当者になることなのでしょうか?
これは、中途半端と言えます。

 

 

社長の意向だけでやめることもできてしまう金融商品の担当者にすぎません。
これでは、弱いと言わざるを得ません。

 

 

では、財務的な貢献や経営コンサル的な役割をすることで企業の担当者になるというのはどうでしょう。

 

 

これは素晴らしい。
でも誰でもできません。

 

 

誰でもできて、かつ社長の意向だけではやめることが難しいものはなにか?
これが制度設計、福利厚生の制度設計になります。

 

 

業種にもよりますが、従業員を抱えることで企業が持つことになるリスクは数多くあります。

 

・労災

 

・パワハラ、セクハラ

 

・情報漏えい

 

・メンタルヘルスなど健康問題

 

 

また、企業の売り上げには優秀な人材の定着や、あらたな人材確保が必須です。
そのためにも、手厚い福利厚生は必須のアイテムです。

 

これらは大企業だけのものではありません。
中小企業にこそ、充実した福利厚生は必要で、これこそ売上の源泉なのです。

 

 

この福利厚生を企業の制度として設計し、導入してあげることができればあなたはまさに、その企業の担当者といえるのです。

 

 

制度を変えるアドバイスをするのもあなたであり、充実を提案するのもあなたです。
企業の成長とともに制度はバージョンアップすることになります。

 

 

企業が成長すれば、社長の退職金準備も必要でしょう。
繰り延べもあるかもしれません。

 

この時、あなた以外にそれを依頼するでしょうか。

 

 

企業が提供する福利厚生により、個人が自分で準備するものも変わります。
それによって、個人の保険などもあなたが見てあげる理由ができるわけです。

 

 

社長の友は社長です。
あなたが企業担当者として役に立てていれば、あなたを紹介したくなるかもしれません。

 

 

このように、企業の担当者になることはあなたの成長と企業の成長をリンクさせ、あなたにマーケットと収益をもたらし、そして時間的余裕を与えることになります。

 

 

時間的余裕は、あなたに自己投資の機会を作ります。
できることが広がれば、担当できる企業のレベルもあがります。

 

 

法人を扱う意味は、まさにここにあるといえるのです。

 

 

 

 

最後は人間力

 

 

 

福利厚生の制度設計を行い、担当者になるためには商品も必要です。
サービスも必要でしょう。

 

そのための提携も必要かもしれません。

 

 

制度というからにはそれなりの見え方が必要になります。

 

 

今時点であれば、それだけでも十分に差別化要因になります。

 

そして経営者保険にくらべればライバルも少ない。
また、税理士に横やりを入れられることも、経営者保険に比べれば少ないでしょう。

 

 

多くの人がこれに気づき、レッドオーシャンになるにはまだ時間があります。
でもいずれ競争に巻き込まれます。

 

 

その時にも選ばれる自分であるために必要なことは何か?
これは人間力と言えます。

 

 

個人の顧客に、この人はなんでも相談できる頼りになる人だと思われるには、顧客の知らないことを知っていたり、相談に乗ってくれたりするからです。

 

 

経営者でも同じです。

 

 

普段話を聞いてくれる人もいない、ほめてくれる人もいない。
困ったことを気軽に相談できる人もいない。

 

そのポジションをとれる自分になれるよう、人間力を上げていかなければなりません。

 

 

でもそれさえできれ、まさにマーケットは無限の広がりを見せることになるでしょう。

 

 

法人保険メール講座『10倍売る人の話法構築術』こちら
売れる人が持っている引出しと訊き方を明らかにしていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク

 

経営者保険に無競争状態を作る方法 合わせて読みたい

最も効かない経営者保険のアプローチ
税のトレンドから戦略を考える
法人税が下がるほど有利になる
保障の基本 連帯保証債務の恐ろしさ
取引先が倒産!!に備える
1/2定期の本当の話法
個人事業主は所得税の節税ができないのか?
サラリーマンにも所得税節税の手段を提供する
個人法人どっちがいいのか?
相続、事業承継の保険を先行させる方法
生命保険営業は苦行?
出口戦略のバリエーション
簿外資産という宝
ステージと収益状況に合わせた話法の組み合わせ
いくら払えるのか?
資金繰りに悩む相手の心をひきつける方法
定期保険の成長に合わせた変化バリエーション
役員給与に強くなる
市場には出口対策予備軍があふれている
逓増定期のフル活用
長期定期のフル活用
福利厚生保険のフル活用
決算書をきれいにする保険
逆ハーフタックスを考える
保険が他の金融商品より優れているのは?
医療保険をただで手に入れる
介護保険は経営者に必須
法人から個人への資金移転
オペレーティングリースとは?
オープニングインタビューで何を話すか?
まずは信頼関係を作る
保険の目的を問う!
自分という商品
保障売りこそ差別化
一般社団法人を使う相続対策の効果は?
事前準備がすべて