証券分析,法人保険

法人保険が他の金融商品より優れている理由はなんですか?

 

あなたはこう聞かれたらなんと答えますか?

 

 

 

一般的には

 

 

損金になる

 

お金が貯まる

 

大きな保障が得られる

 

でしょうか。

 

 

税効果があってお金が貯まるのと、税を払っても残りが多くなるほど増えるのは効果は同じことです。

 

したがって、そのように運用で増やせるなら保険じゃなくてもいいということになります。
では、保険にしかない特性はなんでしょうか?

 

大きく2つです。

 

スポンサードリンク

 

 

戻る金額と時期が確定していること

 

 

○年後にいくら戻る

 

ということが、契約時点に確定しているのが保険商品の強みです。
この金額は、保険会社がつぶれでもしない限り変わりません。

 

この金額の動きをうまくプランニングすることで、希望する時期に希望する金額のお金を手にすることができる。

 

しかも、掛け金の一部または全部が損金になります。
税金の面からも有利だということです。

 

 

仮に株や投資信託のような運用商品ならどうでしょうか。
もちろん、損金になどなりません。

 

でももしかしたら倍になるかもしれません。
そんな期待、楽しみはあるかもしれません。

 

でも逆に半分になるかもしれない。

 

つまり、将来の受取額がわからないのです。

 

 

その時になってみないとわからない不確実性は、企業経営には適していないといえます。

 

 

 

 

手軽であること

 

 

運用商品への投資と並んで経営者が検討することの一つに、不動産投資があります。

 

不動産投資は、収益を生むという点で重要なパーツの一つです。
しかしながら、その手続きの煩雑さとコストは無視できないデメリットです。

 

コストで言えば仲介手数料に始まり、司法書士の費用や登記費用、保有中の固定資産税もあります。

 

時間がたてば、修繕も必要になるでしょう。

 

また、空室リスクもあります。
人口が減少していく日本にとって、すべての物件で常に借り手がつくことは非常に難しくなってくるといえます。

 

 

借入をして行うので、金利上昇リスクもあります。
今の金利はもう下がることのできない、あとは上がるしかないレベルの水準です。

 

将来の金利急上昇は大きなリスクといえます。

 

 

このように不動産投資は、多くのリスクを取りながら時間をかけてリターンを狙いに行く商品といえます。

 

 

 

では生命保険はどうでしょうか?

 

流動性も高く、名義を変える手続きも不動産などの商品と比べても圧倒的に簡単です。
コストもかかりません。

 

売買をすることもできます。
登記など面倒な手続きも不要です。

 

また、お金を借りることもできます。
使途を聞かれることもなく、1週間かからずに資金手当てできてしまいます。

 

しかも、定期的に返す必要すらありません。
もちろん利息はつきますが、余裕のある時に返せばいいのです

 

 

そして、何といっても将来の受取額が確定している。
これがあるので、将来に向けてさまざまな対策が検討できるのです。

 

 

確実性と手軽さと税効果を兼ね備えていること

 

 

このような金融商品は他にはないのです。

 

お金を、”有利に増やす”という面では魅力に劣るかもしれません。

 

でも、お金を”保険”というパッケージに包むことによってできるようになるさまざまな付加価値は、企業が積極的に活用すべきパーツといえるのです。

 

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク

 

保険が他の金融商品より優れているのは? 合わせて読みたい

最も効かない経営者保険のアプローチ
税のトレンドから戦略を考える
法人税が下がるほど有利になる
保障の基本 連帯保証債務の恐ろしさ
取引先が倒産!!に備える
1/2定期の本当の話法
個人事業主は所得税の節税ができないのか?
サラリーマンにも所得税節税の手段を提供する
個人法人どっちがいいのか?
相続、事業承継の保険を先行させる方法
生命保険営業は苦行?
経営者保険に無競争状態を作る方法
出口戦略のバリエーション
簿外資産という宝
ステージと収益状況に合わせた話法の組み合わせ
いくら払えるのか?
資金繰りに悩む相手の心をひきつける方法
定期保険の成長に合わせた変化バリエーション
役員給与に強くなる
市場には出口対策予備軍があふれている
逓増定期のフル活用
長期定期のフル活用
福利厚生保険のフル活用
決算書をきれいにする保険
逆ハーフタックスを考える
医療保険をただで手に入れる
介護保険は経営者に必須
法人から個人への資金移転
オペレーティングリースとは?
オープニングインタビューで何を話すか?
まずは信頼関係を作る
保険の目的を問う!
自分という商品
保障売りこそ差別化
一般社団法人を使う相続対策の効果は?
事前準備がすべて
2017税制改正からのチャンス