証券分析,法人保険

営業において、永遠に使える必殺技など存在しません。
誰もが師玉の技を手に入れようと様々なセミナーなどに参加し、手に入れたつもりで現場で使おうにも使えなかった。。。

 

そんな経験はないでしょうか。

 

営業のノウハウには属人的な面が多くあり、顧客特性や商品・サービスによって効果的な手法は異なるなど、成果を上げるコツというのは一概には言えません。

 

 

ただし、どのような営業であっても、考えなしに、場当たり的な対応をしていても成果は上がらないことだけは確かです。

 

 

営業には必ず相手がいて、その相手が購買すると決めなければ成果は生まれません。
営業マンは、相手をよくみて、その考えを知り、商品・サービスを購買したいと思うような提案をする必要があります。

 

 

そのために営業マンに求められるのは、

 

■予測
■質問
■提案

 

という3つのスキルが必要です。

 

 

この3つのスキルは、営業活動のすべての場面で必要となりますが、特に、アプローチするときには「予測する」ことが重要になります。

 

 

 

予測する

 

 

予測するとは、顧客のニーズをあらかじめ予測し、「どのような商品・サービスをいくらで提案するか」という商談のゴールを事前に想定するスキルです。

 

また、商談ごとに、「今回の商談の目的」「今回の商談で示される顧客のネガティブな反応」などを事前にシミュレーションしておくことも予測力に含まれます。

 

商談ごとに得た新たな情報を加味し、必要であれば想定したゴールを見直すことも大切です。

 

 

また、「とりあえずこの商品で売り込みを行ってみる」という、商品ありきの方法では計画的に成果を上げることはできません。

 

あらかじめ、「顧客のニーズは何か?」ということを予測し、「顧客のニーズを満たすためにどのような自社の商品・サービスを提案するか?」ということを想定しながら、商談を進めていかなければなりません。

 

もちろん、相手に詳細な話を聞く前のアプローチ段階では正確なニーズを知ることはできません。

 

したがって、アプローチ段階では、さまざまな情報源を利用して関連情報を収集した上で、過去の経験などを基に、顧客が持っているであろうニーズを、自分なりに予測する必要があります。

 

仮説を立て、保険への筋道を立てていくのです。

 

 

 

事前に調べることはなにか

 

 

重要なのは、相手と共通の話題で会話できるようになることです。
一般的には商談は1時間でしょう。

 

この1時間、相手のフィールドで会話するための準備です。

 

そのためには、相手を知らなければなりません。
そして、事前に調べられることはすべて調べたうえで、聞かなければわからないことを整理します。

 

■どんな会社か?
■どんな業種か?
■何を仕入れて、何を作って、何を売っているのか?
■その業界にはどんな同業他社がいて、どんなリスクを抱えているのか?

 

社長個人についても知らなければなりません。

 

■創業者か、承継者か
■なぜ、このビジネスを選んだのか?
■家族構成
■個人のライフプラン

 

 

など、事前に想定できることはたくさんあります。

 

また、共通項目を探っておくことも重要です。

 

■趣味
■出身地、出身校
■考え方
■家族構成

 

似ている人にこそ、行為を示し、受け入れやすくなるからです。

 

 

これらの準備をして商談に臨む人と、準備しないで臨む人の商談を想像してみてください。
よく、〇〇データをみてから商談しているけどうまくいかないという声をききます。

 

それは当然です。
たりないのです。

 

売り上げや利益だけみて訪問しても、相手のことを知って商談に臨んでいるとは全く言えません。
あなたのお客様が、どこなら何を仕入れて、どんな付加価値を加えて、どんなルートでどんな顧客に何を提供しているのか?しっかりということができますか?

 

それをわからずに、契約をいただいているということは、まだまだ機会損失があるかもしれないということです。

 

事前準備とは、相手から発生しうるビジネスの規模を推し量ることでもあるのです。

 

 

あなたの事前準備、十分ですか?

 

スポンサードリンク

 

 

法人プロも。これからの人も。 ありそうでなかった新サービス開始しました 


証券分析,法人保険,節税



メルマガ登録『法人保険実践講座』 




即実践可能

「経営者が思わず前のめりになるアプローチ 完全シナリオ」プレゼント中

スポンサードリンク

 

事前準備がすべて 合わせて読みたい

最も効かない経営者保険のアプローチ
税のトレンドから戦略を考える
法人税が下がるほど有利になる
保障の基本 連帯保証債務の恐ろしさ
取引先が倒産!!に備える
1/2定期の本当の話法
個人事業主は所得税の節税ができないのか?
サラリーマンにも所得税節税の手段を提供する
個人法人どっちがいいのか?
相続、事業承継の保険を先行させる方法
生命保険営業は苦行?
経営者保険に無競争状態を作る方法
出口戦略のバリエーション
簿外資産という宝
ステージと収益状況に合わせた話法の組み合わせ
いくら払えるのか?
資金繰りに悩む相手の心をひきつける方法
定期保険の成長に合わせた変化バリエーション
役員給与に強くなる
市場には出口対策予備軍があふれている
逓増定期のフル活用
長期定期のフル活用
福利厚生保険のフル活用
決算書をきれいにする保険
逆ハーフタックスを考える
保険が他の金融商品より優れているのは?
医療保険をただで手に入れる
介護保険は経営者に必須
法人から個人への資金移転
オペレーティングリースとは?
オープニングインタビューで何を話すか?
まずは信頼関係を作る
保険の目的を問う!
自分という商品
保障売りこそ差別化
一般社団法人を使う相続対策の効果は?
2017税制改正からのチャンス